MENU

歩みたい人生を確立する考え方 【誰かと比べない】

f:id:mubou_rakuzi:20200924094942j:plain

現代社会を生きていくなかで、人生の先が見えなくて不安になる。自分の人生を歩む過程で、本当に自分好きなことに没頭するコツを知りたい。 




そんな悩みを解決します。


本記事の内容

・ 生き方を確立する考え方
・自分の心を信じるコツ




本記事の信頼性

この記事を書いている私は、現在ブログ歴10か月ほどです。 人生論を綴るブログ記事を300本ほど書いてきました。




今回は、自分が進んでいきたい道を知る考え方をご紹介します。


現代社会は常に進化を遂げており、私たちの暮らしは日々変化しています。


その状況のなかで、自分が選びたい生き方を選択することが、自分らしく生きていく基礎となります。 




世間がどう変化しても、あなた自身が感じる心は簡単に変わるものではありません。


自分な現在の心と向き合うことで、自分が進みたい道を知ることができます。  




それでは、早速ご紹介していきます。



あわせて読みたいnote

目次




自分が歩む道


現代社会を生きることは、たくさん溢れ出る情報をかき分けていくことを意味します。


世の中の情報に翻弄されることなく、自分の生き方を確立していくことが大事になります。   





あわせて読みたいnote

生き方を確立する考え方


世の中に翻弄されることなく、自分の生き方を確立していくことが大事になります。


その気概を持つことで、自分が信じる心の存在に気が付けるようになります。


自分が進んでいく道を知る方法は、下記の3つです。


生き方を確立する考え方3つ
①自分の現在地を見つめる
②客観的に自分を振り返る
③生きる喜びを知る




1つずつご説明します。


自分の現在地を見つめる


どこに向かって進んでいくかは、自分の心が本当に求めることで決まります。


どんなことを自分が求めているのか、そこを深い次元で理解しようとすることで、目の前に自らが進みたい道を知れるようになります。 




そのために、自分が今どの状況にいるのかを把握することが大事になります。


向かうべき場所があっても、現在地から目的地までの距離が具体的に分からないと、何の対策も考えられません。


現在地を知ることで、自分ができることを一歩ずつ知れるようになります。




客観的に自分を振り返る


自分が今いる場所を知ることは、これから先の人生を歩んでいく強い覚悟を決めることにつながります。


自分だけの感覚で生きていれば、自分で意識していないことに新しく気が付けるようになります。 




時として、自分以外視点も持って自身の人生を考えることで、これからの人生を深く考えるきっかけを掴めるようになります。


冷静に自分の行動と思考を振り返ることは、これからの未来のあり方をじっくり考えることにつながっていきます。  




生きる喜びを知る


自分がこの世界で生きていて、どんなことに喜びを感じるのか。


そこを自分なりに考えることで、自身の明確な行動基準を持つことが可能になり、人生に迷う時間を省けるようになります。 




自身の心と向き合うなかで、自分が感動するポイントを明確に理解できるようになり、ワクワクした時間を過ごす糸口になっていきます。


人によって人生の喜びは違うので、自分が本気で感じたい喜びを実感していく工夫を大事にしていこう。 





あわせて読みたいnote

自分の心を信じるコツ


自分が納得できる人生を過ごすために、自身の気持ちと真剣に向き合う覚悟を持つことが大事になります。


1つと自分の心を比較することなく、自分が選びたい気持ちだけに意識を集中させることが肝心です。


自身の心を信じるコツは、下記の3つです。


自分の気持ちを信じるコツ3つ
①周囲と自分を比べない
②自分の信念を持つ
③自らの生きがいに誇りを持つ




1つずつ解説します。


周囲と自分を比べない


自分の存在や感性を周囲と比較していても、自分が幸せを実感できることはありません。


自分の人生に納得できる瞬間は、自分で生きる道を選択できた瞬間にあり、誰かに生き方を保証してもらうことではないのです。  




人と自分の価値観を比較しないで、自分が感じたい幸せにフォーカスする姿勢を持つことが大事になります。


必要以上に自分と相手を競争させていても、そこから得られる喜びはありません。


人との競争意識を持つより、自分の内面とじっくり時間をかけて向き合うことが何よりも大事です。




自分の信念を持つ


自分が進みたい人生の道があるなら、他者の人生と比較検証しなくて良いのです。


自分の心が信じたいことがあるなら、それだけを人生の時間の中で体現していくことが必要になります。  




信念は、自分の心を信じることで生まれるものであり、1つからどうこう教えられるものではありません。


そのため、自分の信念は、日常から自分への問いかけを通して発見していくことが非常に大切になります。 




自らの生きがいに誇りを持つ


どのように人生を生きていくかは、その人の自由であり、人から指摘されるものではありません。


自分から人生の方向性を決めることで、そこから人生の幸福に向かって歩み出すことができるようになります。


人生のなかで、自分が熱中できることと出会うかとが、人生の喜びを深く味わうきっかけとなります。


社会からの評価を気にすることなく、自分が信じたいことを大事にする勇気を持つことで、これからの未来を豊かに歩んでいけます。 





あわせて読みたいnote


まとめ:人生の歩み方を確立して、自分の生き方に自信を持とう


今回は、人生の歩み方を確立する考え方をご紹介しました。


世間の評価が絶対的なものじゃないので、自ら心が求めることに誠実に向き合う覚悟を大事にしていきましょう。


人の人生に絶対的な正解はないので、自分が実感したい幸せをひたすらに追求することが大事になります。




今回は以上です。

//目次に表示非表示ボタンを表示させる