できることをに目を向ける考え方 【現実を冷静に受け止めていく】

他者の評価軸を過信してしまい、自分自身の行動面を整理できない。周囲が作り出した幻想から離れて、自分にできることを信じたい。   



そんな悩みを解決します。


本記事の内容

できることをに目を向ける考え方




本記事の信頼性

この記事を書いている私は、現在ブログ歴10か月ほどです。 人生論を綴るブログ記事を300本ほど書いてきました。




今回は、できることをに目を向ける考え方をご紹介します。 そんな悩みを解決します。


本記事の内容

できることをに目を向ける考え方




本記事の信頼性

この記事を書いている私は、現在ブログ歴10か月ほどです。 人生論を綴るブログ記事を300本ほど書いてきました。




社会の基準値に浸かっていれば、それ以外の選択肢に気づけなくなります。


自分自身が本当にできることを、社会の固定概念から見出そうとしないことが大切です。


 この記事を読むことで、できることをに目を向ける考え方を知ることができます。     




それでは、早速ご紹介していきます。

あわせて読みたいnote




漠然さに正解を求めない


世の中が信じた空気感を、無条件に信頼しないことが大切です。


明確に証明されていない概念に、自身の人生を当てはめないことが大事になります。


いま立っている場所を確認して、必要な思考を深めていきましょうり。     






自身の基準に自信を持つ


世間一般の考え方から離れることで、自分自身の意見を堂々と確立できるようになります。


多数派が掲げた価値観が、百発百中で正しい保証は取れない。   




他者が何を信じようとも、自分自身に必要な選択を選んでいきましょう。


できることをに目を向けるので考え方は、下記の3つです。


できることをに目を向ける考え方    

  1. 周囲に人生を預けない
  2. 主体的に選び取る
  3. 幻想に溺れない


 

ひとつずつご説明します。




周囲に人生を預けない


自分自身が掴みたい人生があれば、そこに意識を集中させることが大事になります。


生き方を選ぶ主体は、全てが他者に委ねられるわけじゃない。   




周囲に依存することだけが人生の正解にならない前程を、自分の中でも落とし込むことが大切です。


そのプロセスを実感することで、自身にできることが明確に見えてきます。     






主体的に選び取る


選んでもらう態度を常態化していると、相手に人生の責任感を押し付けることになってしまいます。


最後まで納得できる道は、今日を生きている自分が切り拓いていくもの。   




他者を介在すること以外にも、自分自身を生かす道は残されています。


待つことを当然とせずに、選びたい道に希望を見出していきましょう。     






幻想に溺れない


周囲の環境が作り出した概念が、偽りない事実である証明はありません。


絶対的な正解が誰もが読めない以上、ひとつを導き出すことは困難が伴います。   




どこに事実があるのか、冷静に着目し続ける心の姿勢を日常から育てていく。


その先に待っているのは、歪曲されない事実の景色が広がっていきます。      






まとめ:できることをに目を向けて、周りに対する迎合から離れていこう


今回は、できることをに目を向ける考え方をご紹介しました。

自分自身が描いた人生観は、周囲の言動によってカタチ作られていないか。


他責だけで人生をやり過ごそうとせず、積極的に物事を捉えていきましょう。      




今回は以上です。

あわせて読みたいnote