MENU

でたらめに生きる考え方3選

f:id:mubou_rakuzi:20200521182543j:plain

 

 

目次

 

人生は思い通りにならない

f:id:mubou_rakuzi:20200521182547j:plain

人は自分の生き方を理想の方向に動かそうとする。

そのため、限られた時間をその目的達成のために創意工夫を施す。

その行動を継続すれば必ず夢は叶うと、自分自身に言い聞かせている節がある。

ただし、忘れてはいけないことがある。

それは自分ではコントロールできないことで世界は溢れている、そんな不条理な事実があると言うこと。

その事実から目を逸らすことで、自分自身がどうやって生きていくのかが不明瞭になってしまう。

それと同時に、自分の生き方に自暴自棄になり、未来に希望すら持てないようになってしまう。

人生は自分自身でかなえるものであり、自分自身で考える事はその通りにことが進む。

そして、自分自身の力ではどうしようもできないことにはノータッチで生きる。

その潔さこそが、自分としての人生を確信させる。

思う通りにことが運ばない、その瞬間も心で楽しめる心の余裕を掴もう。

 

コントロールできないことを楽しむ

f:id:mubou_rakuzi:20200521182539j:plain

自分でどうすることもできないことに、ずっと向き合い続ける必要は無い。

ひたすら向き合うことで、その悩みを解決できるならそれも1つの選択肢。

しかし、人の生き方には十人十色の選択肢があり、どれが絶対的な生き方であると言う証明はなされてない。

その状況で、自分がやりたいことをに集中して、迷いや不安から吹っ切る心の強さが大切。

この世は、平等や公平で成り立たない。

その状況を自分自身にとって、有利なように捉え直す。

楽しむ工夫を普段からすることで、できない事はできないとスパッと諦めることができるようになる。

潔く自分が歩みたい道を選択することが、自分自身の幸せを実現させる。

 

人生をイージーモードとして考える

f:id:mubou_rakuzi:20200521182535j:plain

自分の人生を、意図的に難しく考えない。

人生は成るようにしかならない。

そんな心持ちを忘れないことで、自分から強制を起こせる。

挑戦し続ける事は、自分が本気で楽しいと思えることに出会えるチャンスを増やせる。

そのチャンスを生かすも潰すも、自分の心構え次第で決まってくる。

生きることを複雑に考えないで、シンプルに考えて生き抜いていく。

その心をずっと持ち続ける事は、未知なる自分に出会える最大の機会となる。

ワクワクしながら、目の前の出来事を楽しんでみる。

何でもいいから、自分がどうしたら今を楽しく過ごせるかを考えてみよう。

 

まとめ

人生を価値と生真面目に生きなければならない決まりは無い。

人生の過ごし方は、誰にも規定することはできない。

どんな生き方であっても、その人の個性として最大限に尊重されて良い。

人に対して寛容な心を持つために、まずは自分の心からゆとりを持って今を楽しもう。

ひまりがない人生だからこそ、でたらめに面白がっても良い。

 

最後までありがとうございます!

  

//目次に表示非表示ボタンを表示させる