MENU

人生を永遠的に楽しむ考え方3選

f:id:mubou_rakuzi:20200430210642j:plain

 

人は生きる中で何かを感じて考える。

その繰り返しでこそ、新しい生き方を実現できる。

それと同時に、やってみたい気持ちや感覚が芽生える。

自分の気持ちを感動させることは、それは人生を楽しんでいる。

楽しめる人生を歩むことは、絶望とは無縁の豊かさを手にできる。

 

 

 目次

 

どんな生き方をしたいのか

f:id:mubou_rakuzi:20200310194243j:plain

自分の人生と徹底的に向き合ってみる。

それで何をしたいのかが見えるようになる。

見えてくれば、あとは行動するだけ。

どんな生き方をしたいのかをイメージする。

イメージするためには、自分が知っている知識を広げることが大切。

人は物事を考える際には、自分が知っている範囲で考える。

知らないと、自分の発想でカバーできない。

自分が誠実に生きたい感覚を大切にする。

永久に人生を楽しむために、必要なポイントです。

 

自分の生き方に素直になる

f:id:mubou_rakuzi:20200430210648j:plain

過去の自分には戻れない。

今までの自分を変えることはできない。

後悔したって、それが好転するわけじゃない。

だから、諦めの気持ちはある意味で大切になる。

投げ出すような諦めではなく、次に進むための区切りとして考える。

終わったことを悔いても、今の自分を進化させるわけじゃない。

どう自分がこれから生きていたいか。

それだけを追求することに頭を切り替える。

切り替えることで、過去の悔やみを思い出す暇はなくなります。

それができて初めて、自分の人生に素直に向き合えるようになる。

 

正解を求めない

f:id:mubou_rakuzi:20200430210735j:plain
人は他人の言動に心が左右されがち。

どんなことがあったとしても、そこで人生がリセットされるわけではない。

リセットされないのであれば、自分が本心からやりたいことだけに集中した方が幸せ。

幸せの形はそれぞれですが、自分がやりたくないことをわざわざ取り組む必要はない。

それは自分の素直な心に嘘をつくことになり、心に大きなストレスを与えてしまう。

ストレスで自分が破滅するのであれば、ストレスの原因となることを排除するのが1番。

正解を求めないフリーな発想でこそ、人生はより生きやすくなる。

思考を続けることで、自分が目指すべき目的に進んでいける。

大きなストレスに潰されてしまう時は、目の前のことで頭が支配される。

支配されないためには、自分が知り得る選択肢を多く知っておくことが大切。

それを実現させるには、世の中を客観的に俯瞰することが必要。

眼前の状況に気持ちがマイナスに揺さぶられると、自分の世界に絶望を感じる。

広い世界を眺めること。

それで苦悩から脱却する糸口を引っ張れるようになる。

 

まとめ

人生を楽しむことを諦めないこと。

諦めることは、そこで変化の兆しを掴めない。

ゆっくりでも良いから行動を続けるだけ。

続けるだけで、自分の人生にプラスとなる成長を得られる。

誰だって人生を楽しむ権利を持っている。

その権利に気がつくことが、人生を永久に楽しむ最大のコツです。

 

 

最後までありがとうございます!

 

//目次に表示非表示ボタンを表示させる