MENU

時間を平均以上に楽しむ考え方3選

f:id:mubou_rakuzi:20200512171639j:plain

 

 

目次

 

平均的な時間で得られるもの

f:id:mubou_rakuzi:20200512171636j:plain

自分が人生を生きる中で、何を大切に生きていたいか。

そこを自分で考え続けることで、得られる実感がある。

どういう今を歩んでいくか、そこを明確に信じることで未来は明るくなっていく。

生きる過程で、時間を平均的に過ごすことを遵守する風潮が現代にある。

それを徹底して守ったところで、何を得られるか。

一般常識に遵守されることをやっていても、掴める結果は並で終わる。

自分の生き様をどうイメージするかで、今後の自分における生き方が大きく変わる。

何もしないで何となく生きたいなら、それでも大丈夫。

ただ、本気で自分を変えたいなら平均的な時間の過ごし方に疑問を持つことが大切になる。

 

どういった時間を過ごしたいか

f:id:mubou_rakuzi:20200512171631j:plain

過ごす時間を把握する中で、自分には何ができるかを考える。

そこを徹底することで、時間との向き合い方を真剣になれる。

真剣に生きることで、どう時間を過ごすかを見つめ直すキッカケを得られる。

その瞬間は自分で気がつくしかない。

誰かが明確に教えてはくれない。

最終的には自分が気づくしか、本気の道を選べない。

本気の道を選ぶなら、今を生きる時間の中身を充実させる必要がある。

本気で生きるには、時間の使い方を明確に設定していくことが大切となる。

 

時間が自分にもたらしてくれる恩恵を見つめる

f:id:mubou_rakuzi:20200512171628j:plain

今ある時間は、自分にとって何を与えてくれるか。

そこを自分の中で鮮明に想像することで、得られる選択肢の幅も広がっていく。

平均を突破することで、自身で体感できる選択肢を拡張させられる。

生き方の幅を広げることで、今の現状を変化させるチャンスに出会える。

そのチャンスを自分で見出すことは、時間の使い方を自分で考えることに繋がっていく。

時間の使い方は、その人の自由に委ねられる。

自由に考える中でも、自分でやりたいことに情熱をかけて考え抜くことが非常に大切となっていく。

何を考えて生きていくか。

それが平均を超えた喜びを得られるようになっていく。

 

まとめ

自分が生きる時間の流れを知る。

時間があってこそ、自分が今を生きられる喜びを知る。

それらを知ることは、人生の生きがいを得られる機会を大きく得られるようになる。

平均的な考え方が絶対的な正義ではない。

正義のカタチに正解はないからこそ、平均の生き方じゃなくて良い。

世間の平均を鵜呑みにすることで、心に残る一瞬を生きられない。

自分で納得する生き方を見出すために、平均から一歩飛び出す勇気が求められる。

 

 

最後までありがとうございます!

 

//目次に表示非表示ボタンを表示させる