MENU

人からの評価をあてにしない考え方3選

f:id:mubou_rakuzi:20200629221404j:plain

人から受ける評価で悩まされる。

 

そんな悩みを解決します。

 

 

 

目次

  1. 人の考え方に絶対はない
  2. 評価されても困る事はない
  3. 自分で自分のことを信じる

 

人の考え方に絶対はない

この世の中に、万人に当てはまる考え方はない。

どういった考え方であっても、良い部分と悪い部分が現れる。

そのため、どういった考え方を採用しても、周囲からの意見が止まる事は無い。

人は考える事はどういう内容であれ、必ず人から評価される運命にある。

人間とは、何かにつけて自分の考え方を押し付けたくなる生き物。

そもそもこの世界に絶対的な正解など存在しないのだから、自分以外の他者に考え方を押し付ける必要なんてどこにもない。

人間が考える事は、その人にとっては最善の正解かもしれないが、それが唯一無二の正解である確証はない。

人はロボットでは無いから、実に多様な意見を持っている。

その意見が絶対的なものであり、どの考え方が間違っているかを競わなくて良い。

それをやる時間があれば、自分の考えを信じることを優先させよう。

 

評価されても困る事はない

人から自分のことを評価されても、それはあくまで他者からの意見に過ぎない。

その意見が必ず正解である保証は無いから、それをそのまま受け止めなくて良い。

人は、必ず人と考え方ですれ違う運命にある。

世の中に生存する人が、全員で同じ感覚を持っているわけじゃない。

生身の人間であるからこそ、その人が持つ感覚も違った新鮮さがある。

評価されることに怯えるより、自分ができることをまっすぐに信じていく。

その意識は、自分自身を周囲が発する評価から守り抜いてくれる。

自分がやりたいことがあるなら、それを無理矢理抑える必要は無い。

自分自身のことを信じていれば、評価されても気にしないマインドになれる。

 

自分で自分のことを信じる

人の感覚は、その人にとっては正しくも最適なものである。

自分の感覚を否定せず、ありのまま受け入れることが、自分らしい生き方につながる。

他社の事ばかり気にしていても、そこから自分が瞬間的に幸せになれるわけじゃない。

自分の事は、自分の心で信じていこう。

自分のことを信じられれば、周囲からの同調圧力に屈する必要がなくなる。

人と同じであることを喜んでいても、そこから自分自身が成長することは無い。

人と人は感覚が絶対的に違うから、同じであるわけがない。

その矛盾を愛する事は、自分自身の人生にとって必要がないこと。

自分の思いを信じた先に、自分の理想を掴み取れる。

 

まとめ

人からどう思われるかを気にしても、これからの未来にプラスになるか。

それを冷静に考えることが、評価を恐れる気持ちから抜け出す一歩になる。

人は他者に意見を下しても、それほど相手に対して興味があるわけじゃない。

評価すると言う武器を使って、相手を落とし入れる考え方は、自分の人生から捨ててしまおう。

人から評価されるのを待つより、自分のことを信じてあげよう。

 

 

最後までありがとうございます!

 

//目次に表示非表示ボタンを表示させる