MENU

人と自分を比べない 【誰かの人生は自分じゃない】

f:id:mubou_rakuzi:20210115064945j:plain

普段から他者の評価軸で生きてしまう。自分の生き方を大事にするために、他者の世界から離れる考え方を知りたい。

 
   そんな悩みを解決します。


本記事の内容

・人と自分を比べない




本記事の信頼性

この記事を書いている私は、現在ブログ歴10か月ほどです。 人生論を綴るブログ記事を300本ほど書いてきました。




今回は、人と自分を比べない考え方をご紹介します。


  人は一人ひとりが違う存在であり、誰かと比較することはそもそも意義がありません。


  誰かと比べても、自分の生き方が上がるは現実的としてはありません。


 

この記事を読むことで、人と自分を比べない考え方を知ることができます。 

 


それでは、早速ご紹介していきます。

あわせて読みたいnote



人との違いを確かめる


自分と他者の存在は、完全に一致するものではありません。


  自分の考え方を相手に求めるだけでは、人との感覚における相違点を受け止めていないことになります。


 

自分と他者との感覚は、明らかに違うと知ることが、人と比べない出発点です。 

 




完璧を捨てる


自分が人と比較してしまうことには、自分が完璧な存在でありたいとの願望があると思います。


完璧であることは、自分の生き方を苦しめることになります。


  不完全さに寛容になることが、他者との違いを受け止めるために必要な用法です。


   人と自分を比べない考え方は、下記の3つです。


  

人と自分を比べない考え方
①生きることに枠組みはない
②自分が信じる生き方
③人は全能じゃない




ひとつずつご説明します。




生きることに枠組みはない


 自分がこうありたいと願う理想があっても、それを他者に押し付ける必要はありません。


   人が考えることは、自分と全く同じように考える可能性はわずか。


  

その可能性に全てを賭けることなく、自分の満足感や納得感を知ることが大事になります。 




   人の人生には、絶対的な答えはありません。


  

間違いのない枠組みは、単なる幻想に過ぎないことを理解することが大切です。 

 




自分が信じる生き方


誰かと自分の生き方を戦わせて、得られるのは時間を浪費した事実だけ。


競争に躍起になっても、自分ができることは変わりません。 




  他者の生き方に沿った人生は、自分の生き方を実現するしないことになります。


 

自分の存在を認識することが、人と自分を間違った方向に合致させないシンプルな考え方です。

 




人は全能じゃない


人は完璧であろうとすると、他者と自分の感覚の乖離を埋めようとしがちです。


  誰かと自分を比較すると、劣った部分に嫌悪感を抱きがちになります。


 

しかし、人は得意なことや不得意なことが誰にでもあります。 




  それを消そうとしても、現実的には困難なことです。


 

完璧に生きようとする幻想は、自分から手離す勇気が大事になります。

 




まとめ:人と比べないことで、自分らしい生き方を実現させよう


  今回は、人として比べない考え方をご紹介しました。


   社会との競争に身を投じるより、自分の考え方を表現することが大事になります。


  

自分の生き方は、他者との比較で導き出せるものではないのです。 




   今回は以上です。

あわせて読みたいnote