MENU

人をそのまま受け止める考え方3選

f:id:mubou_rakuzi:20200610074913j:plain

人の心の受け止め方が分からない。

 

そんな悩みを解決します。

 

 

 目次

 

全く同じ人はいない

世界中探しても、同じ感覚と感性を持ち合わせている人は、まずいない。

人は一人としてコピーされた人はいない。

その人であることが、その人の事実として存在している。

人は人と違うと言う事実を認識することが、自分の世界を広げるきっかけになっていく。

自分の世界が狭いと、他者を攻撃したいマインドにさいなまれてしまう。

自分の考え方が絶対的に正しいと勘違いする事で、、周囲の人間を強制的に構成しようとする心が働く。

相手を変えようとする心が、相手との信頼関係に亀裂を生じさせる。

相手を変える必要なんてそもそもないし、相手をそのまま受け止めれば良い話。

人と人とが争いを起こすことが大切なら、総合的な人格の否定をすればよい。

しかし、人生にとって大切な事は、そこじゃない。

 

コミニケーションの本質は勝負じゃない

人と人とがコミニケーションを図る時、何を目的として話をするのか。

そのコミニケーションの本質を知ることが、良質な人間関係を育むきっかけになる。

何のためにコミニケーションを図るのか。

そこを明確に理解することが、自分らしい生き方を見つけられるようになる。

人が人としてお互いに理解し合うには、議論で人を打ち負かすことではない。

人の考えや意見を論破しても、そこから社会を改善させるきっかけは生まれない。

生まれるのは、人に対する猜疑心だけである。

人が人の心を受け止めないなら、人が人を疑う無限のループが構築されるだけ。

 

人として受け止める

人の感覚はその人だけのものであり、誰かと同じものである必要は無い。

誰かと心のあり方を競争するより、その人らしさを誠実に知ることだけを大切にしよう。

人との関わり方を複雑に考える必要は無い。

相手のことをそのまま受け止めることが、人の価値観を大切にできるチャンスとなる。

そのチャンスは、自分で納得して掴むものであり、誰かに依存して掴めるものじゃない。

人のあり方を見つめることが、人としての本質を見極めることになる。

その本質を理解することが、人の心を大事に受け止める機会になっていく。

誰かと競争しないで、自分自身で自分を変化させることを楽しもう。

もう、誰かと戦う必要は無い。

 

まとめ

自分の革命を楽しむには、誰かの生き方を踏襲しなくて良い。

自分がやりたいことをがあれば、それだけを集中してやっていく。

集中する上で、周囲の他者の存在を否定せずに、ありのままを受け止めていく。

その感覚を知ることで、自分としての幸せに気がつけるようになる。

 

 

最後までありがとうございます!

 

//目次に表示非表示ボタンを表示させる