本心の表現を大切にする考え方 【他者評価は人生に関係ない】

自分自身の内面を抑える一方で、自由に生きる術を見失っている。本心を表現することで、自分を自由に生かしたい。

  


そんな悩みを解決します。


本記事の内容

本心の表現を大切にする考え方




本記事の信頼性

この記事を書いている私は、現在ブログ歴10か月ほどです。 人生論を綴るブログ記事を300本ほど書いてきました。




今回は、本心の表現を大切にする考え方をご紹介します。


世間が作り出した同調圧力や常識を、別の角度から見つめ直すことが大事になります。


何を自由であるかは、じっくり今の自分に語りかける必要があります。


この記事を読むことで、本心の表現を大切にする考え方を知ることができます。

 

それでは、早速ご紹介していきます。

あわせて読みたいnote




他者の介在で本心は見えない


自分が求める心は、誰かを経由して証明できないもの。


他者を経由することで、その人の感覚や価値観が自身のなかに混在してしまいます。


周囲に依存することなく、自己理解を長い目で進めていきましょう。 

 




制限を客観視する


自身のなかに設けた制約は、現実に正しいことなのか。


制限の壁の正体を、冷静な視点で自己分析する時間は大事になります。


内面を鮮明に見つめ直すことで、本来ある自由に気づけるようになっていきます。


本心の表現を大切にする考え方は、下記の3つです。


本心の表現を大切にする考え方  

  1. 自問の時間を楽しむ
  2. 意見はひとつの選択肢
  3. 悔いのない道に進む


 

ひとつずつご説明します。




自問の時間を楽しむ


社会的な雰囲気に正解を求めていると、人生の迷路に迷い込むことになります。


本心に着実に前進するの自問を、日常的に繰り返すことで掴める感覚があります。   




他者から与えられた意見に、絶対的な正解を垣間見ることは非現実的なこと。


幸せを感じる本心に、孤独に向き合う勇気を抱いていきましょう。 

 




意見はひとつの選択肢


世の中が発信する意見は、自分にとっての正しさである確証は得られない。


意見はひとつの意見として、静かに受け止めるだけで十分です。   




多様で複雑な意見を取り入れないといけない理由は、そもそも存在しない幻想だと気づいていく。


その一歩を踏み出すことが、本心を知る旅の始まりです。  






悔いのない道に進む


誰かに与えられることを願っていても、確実に幸せを手に入れることはできません。


現実の環境や状況に責任を丸投げすることで、豊かに生きる化学変化を起こせなくなります。  




自分以外の存在に、自身の人生を簡単に預けない姿勢が大切です。 


人生を幸せに生きるために、自らの本心に誠実に向き合い続けましょう。   

 




まとめ:本心の表現を大切にすることで、世間を言い訳にしない自由を手にしよう


今回は、本心の表現を大切にする考え方をご紹介しました。


周囲の声に従っていると、心の声に優しく耳を傾けられない。


世間体を最優先にすることで自らを犠牲にする意味を、自分なりに再検討することが大切です。


本心に忠実になることが、自由への扉を開けるヒントになります。  

 


今回は以上です。

あわせて読みたいnote