不要な荷物を置いてみる考え方 【人生を謳歌する身軽さ】

f:id:mubou_rakuzi:20211120102542j:plain

人生において重荷を抱え込むことが多く、気持ちが疲弊するばかり。もっと自由に生きる心構えを知りたい。 


そんな悩みを解決します。


本記事の内容

不要な荷物を置いてみる考え方




本記事の信頼性

この記事を書いている私は、現在ブログ歴10か月ほどです。 人生論を綴るブログ記事を300本ほど書いてきました。




今回は、不要な荷物を置いてみる考え方をご紹介します。


社会や他者が信じている常識は、本当に正しいものなのかは誰にも分からない。


分からないことに不安を増大させても、自由になれない選択肢しか見えなくなります。




余計な感情や情報を拭い去り、自由に自分を生かしていきましょう。


この記事を読むことで、不要な荷物を置いてみる考え方を知ることができます。 

 


それでは、早速ご紹介していきます。

あわせて読みたいnote




固定化した正解はない


社会の状況は止まることなく、激動の変化を余儀なくされています。


その状況に於いて、ずっと変わらないものに依存する必然性はありません。


固まり切った正解を捨て去ることが、身軽に生きる原動力となります。  

 



流動性は世の常


変わることに恐怖心を抱いていれば、新しい世界に飛び込むイメージを作れない。


変化を柔軟に受け止める感覚は、これからの人生の幅を広げるヒントになります。 




ひとつの概念や物事の道理を、一旦面白がってズラしてみることが大切です。


不要な荷物を置いてみる考え方は、下記の3つです。


不要な荷物を置いてみる考え方 

  1. 想定したレールを外してみる
  2. すべては都合よく進まない
  3. 本当に欠かせないことを知る


 

ひとつずつご説明します。



想定したレールを外してみる




自分の頭に浮かんだことを確信すれば、他の選択肢を受け入れる余裕を作れなくなります。


考えたことを善として一方的に鵜呑みにしない、立ち止まる勇気が大事です。 




社会が敷いた規範に安心するだけじゃなく、新しく視野を開拓していく。


その積み重ねを経ることで、身軽に生きる喜びを体感できるようになります。 

 



すべては都合よく進まない


自分だけの世界観だけを信じていると、人生の道を軌道修正することが困難になります。


都合よく進まないことに腹を立てることなく、現状に必要な行動と思考を選んでいく。 




心身に荷物を抱え込まない、自然体でいられる状態を丁寧に整えることが大切になります。


自身の思考の枠組みだけで世界を見ない、囚われない自由さを体感していきましょう。 

 



本当に欠かせないことを知る


自分にとって本当に欠かせないものを知ることは、フットワーク軽く生きる基礎を成します。


余計な情報を信じるだけじゃなく、自分から本質を残す作業に取り組む必要があります。 




物質的かつ精神的に荷物を自分から取り外すと、新たな世界観を体感てきるようになります。


今まで信じていた常識を優しく解きほぐすことが、自由に生きる糧を生み出します。 

 



まとめ:不要な荷物を置いて、制限ない自由を選び取ろう


今回は、不要な荷物を置いてみる考え方をご紹介しました。


無意識に吸収してきた感覚を、一度前向きに疑ってみることが大切です。


気づかないうちに身につけた感覚が、自分を苦しめる元凶になっていることもあります。


自己正当化をやめてみることで、広がる世界の美しさに気づけるようになります。 

 


今回は以上です。

あわせて読みたいnote