MENU

他者の評価が絶対ではない考え方3選

f:id:mubou_rakuzi:20200628234303j:plain

 他者からの評価を気にしてしまう。

 

そんな悩みを解決します。

 

 

 

目次

  1. 自分の生き方は自分で作る
  2. 人の評価のために生きない
  3. 人の価値観は多様である

 

自分の生き方は自分で作る

人の顔色ばかり伺っていれば、その姿勢が自分の人生に影響を与える。

自分がやりたくないことに意識が向けば、その意識が現実のものとなる。

人は自分で納得する瞬間を体感するために、今を生きている。

人から評価されるだけの人生は、必ずストレスを蓄積させる。

つまらないストレスで貴重な時間を浪費させない。

自分がどうしたいのか、その意識を忘れないことが自分らしい生き方につながっていく。

人の生き方は、その人でしかコントロールできない。

だからこそ、自分が納得する瞬間を積み上げていこう。

人からどう思われているかを気にすることが、自分が生きる原動力ではない。

自分がやりたいことをやることが、自分の人生を作り上げる原点となる。

 

人の評価のために生きない

他者の顔色ばかり伺って自分自身を抑え込むと、自分の幸せから遠ざかる。

それは人の人生に媚を売って、自分の人生を生きていない証明になる。

それを証明したところで、自分と相手にとって何のプラスにもならない。

自分がやりたいことを実現させる事は、自分の幸せに直接つながる。

自分の幸福を叶えることは、必然的に相手の幸せにもつながっていく。

人の評価や期待を背負いこむ必要はなく、人の幸せのために自分ができることをやっていこう。

顔色を伺っても、それは自分の幸せを実現させてはくれない。

常に自分の心に嘘をつかず、純粋な気持ちで日々を送ろう。

 

人の価値観は多様である

人が抱える感覚は、すべて一様ではない。

このように人間が存在する限り、絶対的な価値観は無い。

自分が信じることが、その人にとっての答えとなる。

人生の答えは事前に用意されているものではなく、自分自身で発見していくもの。

自分でどういったことを求めるのか、そこを他者基準ではなく自分の感覚を信じてみよう。

自分の感覚に自信を持てば、それだけで自分の幸せを表現できる。

人の価値観と比べず、自分がやりたいことに素直になっていこう。

自分と他者の感覚は、絶対的に違うものである。

その事実を受け止めることで、今の自分に自信が持てる。

 

まとめ

自分が生きる事は、自分の心と向き合うことでわかってくる。

誰かと比べることなく、自分は自分として今できることを精一杯やっていく。

それと同時に、自分のその瞬間に誇りを持っていこう。

今の人生に幸せを感じられるのは、世間や他者ではない。

幸せを願う、自分自身の心で唯一無二の幸福を体感できる。

 

最後までありがとうございます!

 

//目次に表示非表示ボタンを表示させる