MENU

生き方に誇りを持つ考え方3選

f:id:mubou_rakuzi:20200614095850j:plain

現状の今の生活に不安がある。

人と比べてばかりで、自分に自信が持てない。

 

そんな悩みを解決します。

 

 

 目次

 

自分は自分として生きよう

誰かの人生を固執しないで、自分が生きたいように生きる。

その感覚を大切にすることが、自分らしい生き方を実現させてくれる。

自分が生きたい人生は、誰かが必然的にお膳立てしてくれるわけじゃない。

誰かに助けてもらうことを期待せず、誰かの人生に執着しないで、自分が生きたいように生きる。

その感覚を大切にすることが、自分らしい生き方を実現させてくれる。

自分の存在は、自分でしか実感することができない。

誰かが自分を分かってくれることを、指をくわえて待っているだけじゃ前進は望めない。

周囲と自分を比較するより、自分が自分として生きることを心から大事にしていこう。

 

人と自分は違う

人は人であり、心は機械ではない。

生身の人間であるから、心のあり方は常に変化をたどっている。

気持ちという、見えないものと向き合い続けることで、人を理解する糸口を掴めるように「なっていく。

その行動と意識を積み重ねることで、自分と他者は違って良い存在であることに気がつける。

心のあり方は人の数ほど違いがあり、それを受け止めるのが人間としての努めである。

人と人は違う存在であるから、何もそこに絶望を感じる必要はない。

人には胸の内に「心」が存在しているから、自分が思ったようにコントロールすることができない。

心を自在に操作できるのは、その人自身になる。

他者がどうこう言おうとも、相手の気持ちをそのまま理解する事は到底不可能。

できないことにエネルギーを注いでも、できない事はできない。

人との違いを素直に受け止めることが、自分の理想を引き寄せる。

 

自分の生き方に自信を持つ

自分の人生は、いつでも自分自身で作ることができる。

誰かに依存し続けるように、自分で開放的になってみよう。

自分自身の心を解放させることで、自分が今からやるべきことが次第に見えてくる。

その心を忘れずに、今の自分を楽しんでいく。

現在の自分を楽しめれば、自分ができることが少しずつ見えるようになってくる。

人生を楽しむことができれば、自分を自分で信じることができる。

自分を信じることが、自分らしい理想の世界を生きるきっかけとなる。

 

まとめ

自分と他者を競争させないで、そのままの感性を受け止める。

いくら悩んでいても、違いのある存在であることに変わりはない。

変わらない事実と向き合うことで、自分が求める自信を掴める。

自分が生きることは、自分自身で自由にアレンジできる。

 

 

最後までありがとうございます!

 

//目次に表示非表示ボタンを表示させる