MENU

人生で生きる目的とは。生きる目的の考え方3選

 

f:id:mubou_rakuzi:20200419124254j:plain

 

人が生きることは、どんな意味があるのでしょうか。

意味を求めることに、何かの意味があるか。

何もなければ、人生を生きている必要性がないって果たして言い切れるのか。

言い切ってしまうのも1つの手だし、何も言わないことも手段の1つ。

自分の価値を過大に考えすぎないこと。

自分のイメージが大きすぎると、自分自身にイメージのしっぺ返しがきます。

しっぺ返しは絶望として進化してくる可能性もある。

人生を生きる目的を考えてみること。

これが自分の人生を考えるきっかけになるように。

 

 

 目次

 

自分にとって人生とは何かを考える

f:id:mubou_rakuzi:20200419124250j:plain

人生を考えることは、まず自分の心に向き合うこと。

向き合うことを思考すると、頭の中でぐるぐると過去と未来の人生がせめぎ合う。

せめぎ合いの頭脳の中で、リアルな心境になることがある。

人間関係、仕事、今までの思い出など。

今の自分を形成してきた、偽りのない事実を感覚の世界でカムバックさせる。

本来の思考をベースにして、自分の人生を振り返ってみること。

どんな選択肢もあって良くて、悪い人生なんて存在しないから。

最初に自分だけの人生を振り返ってみることで、必ず見えてくるものがある。

実際に見えていなくても、心の目で確認できることがある。

それによって、自分の人生における軸の確立につながる。

軸がぶれなければ、どんな状況に陥っても余裕のある人生でいられる。

メンタルを健全に保ちつつ、さらなる健全な人生を獲得するために。

自分の世界は自分だけのものであり、外の世界を知るチャンスでもある。

自分の人生を考える際には、自分だけが持っている情報だけで今後を生きるのは勿体無い。

 

人生観を自由にカスタマイズ

f:id:mubou_rakuzi:20200419124246j:plain

自分だけの世界と、外の世界を見つめ直すこと。

見つめ直す作業を積み重ねることで、真相に迫る人生を獲得できる。

獲得する真相には、今までに生きてきた人の思想が大きく影響するケースがある。

歴史を生きてきた人が表現してきた考えを知る中で、どんな人生にも正しさがある。

絶対的な正解は、この世界にはない。

だから、個人だけの正しさだけを信じれば良いだけ。

その時は、他人に対して自分の価値観を押し付けることはしなくて良い。

正しさは、その人の数だけある。

現代社会で考えられることは、個人の思想から発展したことがほとんど。

個人の行動があってこそ、現代の世界は存在している。

存在している事実と向き合う中で、自分の人生観と向き合うこと。

それによって、多種多様な生き方がこの世の中にある。

それと同時に、誰からも批判される権利はない。

批判と否定をする人間は、心が寂しい。

寂しい心を持つ自分の経験でもある。

一歩ずつ、世界に存在する生き方を知ることが大切。

自分史に残る足跡を確認すること。

 

整理する項目をシンプルに

f:id:mubou_rakuzi:20200419124240j:plain

人生における考え方が多様になっている現代で、雑念に振り回されることが非常に多くなっている。

煩悩を抱えるのが人間の常であるなら、煩悩と歩んでいくのも人間と言える。

複雑でシンプルな矛盾を考えるのも、人間の使命である。

黒い雑念で作られているのが人間であるから、雑念の数は半端ない。

半端ない雑念があるなら、気持ちを単純にしてみる。

単純にすることで、バカになることができる。

思考を単純にすることで生きる目的を再発見できる。

脳みそを削りとる意識を持つことは、余計なことを考えない体質にする。

それは極端かもしれませんが、シンプルに無駄をそぎ落とす感覚。

その感覚を研ぎ澄ませることができれば、シンプルな楽しみを手にできる。

何を削り、どこを残すか。

その思考だけは継続することで、自分の人生って何だろうと気がつける。

現代のような面倒なこと、不安を煽る世相に左右されないように。

大事なことだけに目を向けるおもしろさを誰でも得ることができる。

 

まとめ

人生って実に不思議なもの。

正解が存在しないのが人生であるから、自分に誇りを持って良い。

誇りを勝手に持つことだけでも、自身の人生を真剣に考えるきっかけになる。

真剣に思考し続けることで、単純な楽しい時間だけを過ごせる。

現代社会に惑わされることなく、自分を信じてシンプルに。

 

 

最後までありがとうございます!

 

//目次に表示非表示ボタンを表示させる