MENU

生きる瞬間を自分の時間にする考え方3選

f:id:mubou_rakuzi:20200504141609p:plain

 

現代社会は多様な価値観が生まれている。

その中で、自分が生きる軸を見失わないよう日々を大切に生きる。

その気持ちがあれば、いかなることも自分に還元できる。

自分が生きることは、その瞬間瞬間の積み重ねで成り立つ。

人生の瞬間を充実させることで、人生のフィールドは豊かさで満たされる。

 

 

 目次

 

自分が本気になれることを手にする

f:id:mubou_rakuzi:20200429185139j:plain

人生はあっという間で終わる。

永遠と感じることがあっても、誰でも人生は終わりを迎える。

その人生の時間を豊かに生きることが、心からの幸せを掴める。

幸せのカタチや感じ方は、人それぞれ。

その多様性が存在することを前提に、自分がやりたいことに没頭することが大切。

本気になれる時間があれば、心を不安にさせる時間から無縁になれる。

1ミリでも心の中から不安や落ち着かない時間を排除させる。

それが自分が生きる人生を豊かにさせる。

本気で打込めることを探す旅を、現代社会を生きる人は経験してほしい。

 

自分の人生を生きる

f:id:mubou_rakuzi:20200429185150j:plain

人生はその人のもの。

他者があなたの人生を全て責任を負ってくれる保証はないし、そんな人生はない。

他者は他者であり、自分は自分であり続ける。

自分自身の心が何をしたいか。

その心が発する声を純粋に聴いてみることが、自分らしい生き方を実現させる大きな一歩となる。

他者が作り上げる人生を歩んで、楽しいと思えますか。

それには、自分としての主体性や能動性が感じられない。

情熱を燃やすような本気の生き方。

その生き方を見つけるために、自分ができることは自分を見失わないこと。

 

時間に対する意識を改める

f:id:mubou_rakuzi:20200429185129j:plain

自分がやりたいことを誠実にやりきる。

それが幸せな人生に結び付く。

前提として、自分がやりたいことをやるための時間を作ることが大切になる。

時間がなければ、何も経験することもできない。

経験するためには、自分の時間を確実に確保することが大切になる。

時間の価値観も人それぞれ。

どんな時間を過ごすかに正解は存在しない。

だからこそ、自分で選び取る感性が最も大切になる。

やりたいことがあれば、それを実践するための時間配分を真摯に考えていく。

時間を作るために何ができるか。

その意識を持つことで、自分の人生を自分の時間にできるようになる。

 

まとめ

自分が生きる時間。

その時間は人生そのものを意味する。

どんな人生を描きたいか、それを真剣に自問自答することで未来への自己投資になる。

本気で没頭できることに集中し、不安を徹底して排除する。

その過程を経ることで、自分が生きる道を確立できるようになる。

そして、やりたいことに熱中するための時間を作ることで、誰にも邪魔されない心の豊かさを生み出せる。

 

 

最後までありがとうございます!

 

 

//目次に表示非表示ボタンを表示させる