MENU

社会のなかで生きる喜びを感じる【自分が何を感じるか】

f:id:mubou_rakuzi:20200911085507j:plain

社会のなかで自分がどんな生き方をすれば良いのかが見えてこない。現代社会の常識に流されないで、自分が生きている喜びを実感する考え方を知りたい。   




そんな悩みを解決します。


本記事の内容

・社会で生きる喜びを知る 
・自らの心を理解する




本記事の信頼性

この記事を書いている私は、現在ブログ歴10か月ほどです。 人生論を綴るブログ記事を200本ほど書いてきました。




今回は、社会のなかで生きる喜びを感じる考え方をご紹介します。


人は自分の気持ちに正直になることで、自分らしく生きることができます。


誰かに言われるがままの人生には幸せを感じることができず、生きることに生きづらさを感じるようになります。


自分の人生を生きることは、自らの考え方を信じることであり、他者の色に染まることではありません。


この記事を読むことで、生きている喜びを自分の心で実感できるようになります。


それでは、早速ご紹介していきます。


あわせて読みたいnote

目次



現代社会の正体




人が生きることは、生きる場所があることを意味します。


どんな人であれ、その人が存在している空間と環境が必要になり、そのなかで自分らしさを楽しむことが人としての喜びになる。


人が生きる場所は客観的に考えると、それは現代社会になります。  




現代社会は実態としてひとつの形があるわけじゃなく、概念上の表現にしか過ぎません。


空想のなかで考え込むより、いま自分が生きている事実を知ることが大事になります。   



自分が何を信じるか




この社会のなかで、自分がどんなことを信じるかは、その個人の意志と感覚によって変わってきます。


人は誰も一人として同じ感覚を持たないので、自分らしく生きることを大切にしていこう。 



その感覚を信じることで、曖昧な社会の存在に翻弄されることなく、自分が生きたいように人生をアレンジできます。


世間からみての多数派を信奉せず、自分の心が求めるものを信じる勇気を持つことが大事になります。  




世間からの評価




自分が生きていくことは、自分の意志を明確に持つことが大事になります。


誰かに決断をしてもらわず、自分から信じるものを選び取る勇気を持ちましょう。


その際に、信じるものを選択する注意点を挙げてみます。


本気でやりたいことを明確にする
人生の優先順位を決める
社会の常識は絶対じゃない 



上記のポイントのように自分と向き合うことで、世間の声を気にすることなく、自分が歩みたい人生を歩めます。


社会の評価に流されることなく、自分が本当に大事にしたいことに誇りを持ちましょう。  




自分の心の存在




生きる時間のなかで自身の人生を実感することは、自分としての可能性を確かめることです。


人にあれこれ言われたことを信じても、それがあなたにとっての幸せになるとは限りません。


下記のように、自らの心と向き合うコツを実践してみることが大事になります。


自分一人の時間を作る
新しい考え方に触れる
自分の世界観を広げる 



自分の心を知ることが、自分が社会で生きる喜びを実感するきっかけになります。


日常から自分の感覚や考え方を整理することで、自分らしさを心から感じることができます。  




社会は個人の集合体




現代社会を俯瞰して眺めると、個人が存在してこそ社会が成り立っていることに気がつける。


それを知ることが、自分が生きていることを見なおすことにつながります。


現代社会には、絶対的に正しい道は存在していません。


そのため、個人が大事にしている感覚があることで、現代社会は止まることなく循環していることを前提として知っておくことが大事になります。




自分は自分である




社会が変化しても、自分が自分であることには何も変わりません。


社会の動向に流され続けていても、自分の存在を否定する必要はなく、自らの信念を貫徹する勇気が大事になります。


下記のように、自分が自分であると信じるコツを考えてみます。


自分を他者と比べない
生き方に正解はない
世間の空気に支配されない



上記のコツを意識することで、自分の心を見失うことなく、今を充実させて生きることができます。


すぐに実践できなくても、日常的に意識を積み重ねることが大事になります。  




自分の心を表現する




現代は激動の時代であり、何が絶対的な安心であるかの保証はどこにもありません。


その状況のなかで、自分がやるべき行動を着実に経験することが大事になります。


自分が喜びを実感するには、自らの心の在り方を整えておくことが必要です。


下記のように、自分の心を表現するポイントを押さえてみましょう。


自分が好きなことを知る
自分に嘘をつかない
やりたいことをやる



上記のように、自分の心を自由に表現するためのポイントを知ることで、生きている喜びを実感できるようになります。


自らの気持ちと向き合う時間を作るのことで、自身の幸せを少しずつ感じることができます。  




まとめ:社会で生きる喜びを感じて、自分の人生を主体的に生きていこう




今回は、社会で生きる喜びを感じる考え方をご紹介しました。


この社会で生きることは、自分の意志を尊重することを意味します。


自分がどんな喜びを日常から感じていたいのか。それを突き詰めて考えるこたとが、幸せな人生を過ごせる出発地点になります。 




最後までありがとうございます!


あわせて読みたいnote

//目次に表示非表示ボタンを表示させる