MENU

生きる時間を増やす考え方【人生の可能性に注目する】

f:id:mubou_rakuzi:20200910213145j:plain

日常が多忙で、自分がやりたいことをやる時間を作れたない。人生を心地よいものにするため、時間を作る考え方を知りたい。 




そんな悩みを解決します。


本記事の内容

・自分が過ごす時間の価値 
・人生は時間そのものである




本記事の信頼性

この記事を書いている私は、現在ブログ歴10か月ほどです。 人生論を綴るブログ記事を200本ほど書いてきました。




今回は、生きる時間を増やす考え方をご紹介します。


人が過ごす時間は、永遠じゃなく必ず終わりがあります。


限られた時間のなかで、自分がやりたいことをやり切る環境を整えることは大事です。


時間と自分の関係を見つめなおすことで、自分がより豊かな時間の存在に気がつけます。


この記事を読むことで、主体的な時間を増やせるようになります。 




それでは、早速ご紹介していきます。


あわせて読みたいnote
目次




生きる時間




時間は時計を見ることで確かめることができますが、時間の流れを止めることは誰かにもできません。


流れ去る時間のなかで、いかに自分が納得できる人生を歩んでいくかは大事なテーマになります。


時間を考えることで、以下のポイントを挙げてみました。


過去の時間は戻らない
時間は流れ続ける
人生は必ず終わる




上記のように、時間の概念を自分から把握することで、これからの時間の向き合う合い方を意識できます。


 自分がどんな人生を送りたいかを理解することが、時間を最大化するコツになります。  



時間が人生を作る




自分が普段感じていることが、集約されて、それがあなたの人生になっていきます。


それは限られた時間のなかで、自分がどんな経験を重ねてきたかで変化するものです。


下記のように、時間があることで人生が豊かになるポイントを挙げてみます。


人生の選択肢を広げられる
自身の可能性に気が付ける
自分がやりたいことに専念できる



そのように、時間の有無を考えることで、自分の人生をどうアレンジしていくかが明確に見えるようになります。


どんな時間を過ごすかは、その人の自由になります。 




何をやりたいか




自分がどんなことを経験したいのか、そこを明らかにすることで、時間の使い方を効果的に考えられます。


何もやりたいことがないなら、それだけで人生の時間を無駄に捨てることになってしまいます。


誰かに自分の心のうちを解明してもらうのを期待しないで、自分がやることを知る必要があります。


下記のように、自分がやってみたいことに意識を向けることが大事です。


自分が好きなことをやる
納得できる時間の使い方をする
時間を何となくで流さない




その意識を持つことで、自分がやりたいことに気がつくアンテナを張らるようになります。 

 


 自分がどこに向かって歩いていくのか、その未来に向けたロードマップを設定するのことで、これからの歩みを軽やかにてきます。  

 


1日を振り返る

人生を考えるなかで、自分が過ごす時間を冷静に振り返ることが必要になります。  


時間について考えを巡らせるため、まずは1日の時間の使い方を見なおすことが大事になります。  


1日の時間のなかで、何に時間を使っているかを確かめることで、未来につながる時間配分を考えることができます。  


・好きなことに使える時間
・仕事の時間



上記の2点の時間は、人生をより豊かに生きていくためのキーポイントになります。  


人が幸せを感じるときは、自分が本当にやりたいことに時間を使えている瞬間です。  


自分がどんなことに時間を投資しているのか、そこを明確に整理することで時間の使い方を再考する原点になります。 

 

人生の優先順位




時間を考えることは、人生はどこかのタイミングで終わりを迎えることを自覚することが必要になります。


人生の時間は決して永遠じゃない事実に自分から気がつくことで、時間の使い方を意識的に変えることができます。


下記のように自分の意識を変えることで、時間を増やせるようになります。


本当に時間をかけるべきことを見出す 
結果が将来につながることを見つける
 瞬間的な快楽に時間を投資しない



以上のように、自分が本当に使うべき時間を優先したいところに振り分けることで、時間のゆとりを体感できます。


自分が本当にやりたいことを優先させる判断力を磨いていきましょう。


やりたくないことを本気でやらない

行動の優先順位を明らかにすることで、無為に時間を浪費することがなくなります。


そうすることで、時間を意図してコントロールできるようになり、理想とする時間を過ごすことが可能になります。


人生の充実させるために、自分がやりたくないことを無理してやる必要はありません。


心のストレスを溜め込む時は、自分の心に素直になれていないケースが多くなります。   




気持ちに負担がかかることをやっていても、自分自身が心から楽しい時間を過ごせなくなります。


自分がやりたいことを、1日の時間に組み込む意識が欠かせません。  




あわせて読みたいnote


まとめ:生きる時間を増やすことで、人生を主体的に生きていこう




今回は、生きる時間を増やす考え方をご紹介しました。


時間を増やすことで、自分が本気でやりたいことに集中した人生を送れるようになります。


普段から時間に対する意識を明確にもつことで、自分が求める人生を歩めます。


どんな時間を過ごすかは、自らの意志で自由に選べます。  




最後までありがとうございます!

//目次に表示非表示ボタンを表示させる