MENU

生きることを振り返る 【向かう方向に自信を持つ】

f:id:mubou_rakuzi:20210120202840j:plain

時代が進むにつれて、自分がこれからどう生きていくかが不明確になっている。自分の歩み方に自信を持って考え方を知りたい。

 
   


本記事の内容

・生きることを振り返る考え方




本記事の信頼性

この記事を書いている私は、現在ブログ歴10か月ほどです。 人生論を綴るブログ記事を300本ほど書いてきました。




今回は、今を生きることを振り返る考え方をご紹介します。


  時代が発展するなかで、人生の生き方に多様性があることが広がりをみせています。


  自分が何をやるかを冷静に知ることは、これからの時代を自分らしく豊かに生きていくことにつながります。


この記事を読むことで、自身が生きることを振り返ることができます。 


それでは、早速ご紹介していきます。

あわせて読みたいnote



今が未来につながる


今の過ごし方は、これからの生き方に直結していきます。


  今の時間の過ごし方で、自分の幸せの成り立ちに影響が出てきます。


 

生きるなら、未来の自分のためになる生き方を学んでいくことが大切にです。  

 




過去に執着せず、過去から学ぶ


過ぎ去った時間は、誰もが取り戻すことはできません。


 

過去になった出来事を、なかったことに事実を曲げることも現実には不可能です。 




  変わらないことを嘆くより、自分ができることに着目することが大切になります。


  生きることを振り返る考え方は、下記の3つです。


  

生きることを振り返る考え方
①自分の考え方を見つめる 
②自らの思考の本質を確認する
③意識する時間を作る




  ひとつずつご説明します。




自分の考え方を見つめる


  自らの価値観を知ることで、自分が人生に対してどういった考え方を持っているのかが見えてきます。


  

思考があってこそ、自分の行動を選択できるものです。  




   考え方がなければ、自分の意思を行動に移すことが不可能です。


  

まわりの評価に流されることなく、自分が普段から考えていることを整理し直す時間は大切です。  

 




自らの思考の本質を確認する


普段から自分の考え方の習慣を把握することで、自分の行動を見つめ直すことができるようになります。


 

世の中には多様な考え方があるなかで、自分が選択した行動を説明できる状態が大切になります。 




  行動の背景を知ることで、自分の根本にある大切なことを発見できるようになります。


 

行動を起こす前に、冷静に自分の心と対話する習慣を意識していきましょう。 

 




意識する時間を作る


生きることを振り返るために、自分が生きている時間を見つめ直すことが大切です。


 

何となく生活していれば、何となくの感覚をだけで日常の時間を過ごすだけになります。 




  自分にとって有意義な時間を送るために、1つひとつの行動を丁寧に捉えてみることが大事になります。


 

惰性で流された時間は、自分の生き方を苦しめることになっていきます。 

 




まとめ:生きることを振り返ることで、未来の生き方を変えていこう


今回は、生きることを振り返る考え方をご紹介しました。


  自らの歩みを知ることで、これから先の生き方を大事にすることができます。


  生き方を考えることは生き方を、より豊かな方向に修正する力があります。


 

誰かと幸せを比べることなく、自分の生き方と向き合っていきましょう。  

 


  今回は以上です。

あわせて読みたいnote