MENU

生きることに意味がある。生きることを肯定的に捉えるコツ3選

f:id:mubou_rakuzi:20200503142444j:plain

 

自分の人生を考えると、色んなことが日々起こっている。

自分でコントロールできるものもあれば、自身じゃどうにもならないことだってある。

それらをひっくるめて、その人の人生であると言える。

生きること自体、必ずの正解は存在していない。

どんな生き方もあって良いし、生き方に制限をかける必要もない。

生きることを否定しないで、肯定的に考えられるコツを考えてみた。

 

 

 目次

 

生きることを改めて再考する

f:id:mubou_rakuzi:20200503142613j:plain

自分が生きる日常。

それを考えてイメージすると、それはどんな景色になるか。

自分が生きたい現実を想像すると、どう心が動くか。

心が動く。それはつまり感動するってこと。

気持ちが感動することが、自分が生きることに繋がっていく。

せっかくの人生であるから、自分が本気で楽しめる生き方を発見していきたい。

嫌なことをやって、時間と体力だけを消耗することは避けたい。

それは自分でコントロールできるもの。

自分が生きる日常を考え直すのも面白い。

 

自分の感性を誠実に向き合う

f:id:mubou_rakuzi:20200503142456j:plain

自分が感じる感覚を知っておく。

内なる感覚と感性に耳を澄ませることで、本気でやりたいことが見えてくる。

やりたいことが見えてくれば、あとはシンプルに人生を楽しんで生きられる。

感性と感覚は目には見えない。

ただ、その事実を自分で確認できていないことは、これからの人生にとって迷いを生じさせる。

余計なことを考えないで、自分がやりたいことに誠実に生きる。

たったそれだけで、自分の感覚と感性に正直に生きられる。

 

どんな生き方が幸せか

f:id:mubou_rakuzi:20200503142439j:plain

自分が幸せを感じる瞬間。

それを自分で確認できていることは、これからの未来を生きる上で大切なこと。

来る未来に目を向けることは、今の幸せが土台になる。

その土台がなければ、次の行動を起こせない。

生きるたえの土台を固めることで、未来志向の生き方を実践できるようになる。

自分が感じる幸せのカタチ。

それを深く考え直すことで、誠実に純粋に生きることになる。

幸せは、意外と身近にある。

現代社会を生きる中で、自分の生き方を世間の常識に当てはめなくて良い。

その枠に自分を無理やり当てはめることで、必ず息苦しさを感じるようになる。

自分が心からやり遂げたいことがあれば、それだけを純粋に目的にすることが大切。

批判や否定に自分が支配される権利はない。

ただ、自分がやりたいように生きること。

それだけに集中できれば、生き方に正解はないってことに気がつける。

 

まとめ

自分の人生をありのままに受け止める。

今の人生が自分の生き方であることに変わりはない。

過去の自分を変えることは、もうできない。

過ぎた時間に自分を消耗されるより、今と未来に視線を向けた生き方が大切。

前を向いて歩んでいく。

その姿勢が自分の心を肯定して、力強く生きるきっかけとなり得る。

自身の気持ちを肯定することで、心がゆっくりと見らされる瞬間を感じられるようになる。

心が満たされた瞬間に、人生を肯定することができるようになる。

 

 

最後までありがとうございます!

  

//目次に表示非表示ボタンを表示させる