MENU

生きていく術を知る【自らが必要なもの】

f:id:mubou_rakuzi:20200906084615j:plain

この時代を生きていくなかで、自分の生きる指針が分からない。どこに向かって歩んでいくかを、自分で確かめる方法を知りたい。




そんな悩みを解決します。


本記事の内容

・人生の優先順位を明確にする 
・自身の心と向き合う重要性




本記事の信頼性

この記事を書いている私は、現在ブログ歴10か月ほどです。 人生論を綴るブログ記事を200本ほど書いてきました。




今回は、生きていく術を知るためのコツをご紹介します。


この時代を生きていく自分が、どんな生き方を実践していくかの意識を持つことは大切です。


自分の幸せを体感するには、自身の感覚を研ぎ澄ませることが必要になります。


この記事を読むことで、生きていくための必要な本質を掴むことができるようになります。




それでは、早速ご紹介していきます。



目次



生きるということ



人生を生きることに、全員に共通する考え方はありません。


その状況であっても自分がやることを明確にすることで、迷いなく前を向いて進んでいけます。


人生と言っても、人によって価値観が大きく異なるものです。


人生は暇つぶしである
人生は壮大な旅である
人生に意味はない




上記のようにその人によって人生に対する捉え方が違っているので、自分が本気で大事にしたいことを最優先していくことを意識したいところです。


人の人生を指摘するより、自分が歩みたい生き方を現実世界で表していきましょう。




自分が生きる道



人生の時間を過ごすなかで、自身の心に寄り添うことが必要です。


自らが何をやりたくて、どんな経験を味わいたいのかを知ることで、自分が生きる術を知るひとつのきっかけになります。


ここで、現代社会の現状を俯瞰して考えてみましょう。


情報過多になっている
モノに溢れている
インターネットで自由が広がった




そのような今があるなかで、自分にとって必要な気持ちと行動を選ぶことが、自身の生きる道を見出すことにつながります。


時代の変化だけを眺めていても、自分を変えることはできません。


世の中を客観的に見つめることで、自分が進みたい道を導くことができます。




無ければ生きられないもの



世間には不要なモノが同時進行で次々に登場しています。


あったら便利という言葉に乗せられ、自分の意志で必要なことを選択することが難しい世の中になっています。


その状況において、自分にとって本当に必要なことを見極める力が大事になります。


例えば下記の質問に答えられないときは、自分と向き合う時間を優先して作ることがおすすめです。


何があれば自分は幸せか
いらないものは何か
自分の心と意志を持っているか

 


その質問に答えるために、自分にとって本当に必要なものを理解することが、これからを生きていくうえで大切になります。  


自らの問いかけを繰り返すことで、自分が生きていくために必要な術を知れるようになります。

 


見極める心

 

自分がどう生きていくかは、いつでも誰かが助けてくれるわけじゃなく、自分の意志で選ぶことが大事です。  


必要ないことに時間を割いても、必要ない時間をコレクションすることで満足してしまう。  


そして、自分の幸せを叶えるものじゃないことに囲まれて生きるようになってしまい、いつの間にか自らの心を消耗させている人が数多くいます。  


下記のように、自分の優先順位を明らかにするコツがあります。  


頭の中を紙に書き出す
自分で孤独になる
情報を意識的に遮断する



上記の方法を意識することで、自分がやることを明確にできます。


世の中の常識に流されず、自分が信じたいもの理解する姿勢は大切になります。




今の時間を生きる



人が生きられる時間は決して永遠ではなく、必ず終わりを迎えるもの。


有限とされる人生のなかで、自分が本気でやりたいことだけに集中できる環境が、あなたを幸せにさせてくれます。


過去の時間は二度と戻ることはなく、自分の今をどのように感じたいかが、人生の体感を充実させます。


人生が今日で終わるなら、自分が何をやりたいかを考えることが大事です。


大切な人と時間を過ごしたい
好きなことをやり切りたい 



上記のように、自分が後悔しない生き方を選択していくことは、納得した人生を送るうえで大切です。


時間の価値を見つめなおすことが、生きる術を理解する最初なステップになります。




生きることを問いかける



自分の人生が今あることは、過去に生きる選択をしてきたからです。


途中で生きることを投げ出さなかったからこそ、自分だけの人生をリアルに感じることができているのです。


生きることに人類で正確な基準はないなかで、自分自身で選択する勇気を持つことが大事になります。


下記のように、自分が生きることを見つめるチャンスは工夫次第で得られます。


世界の今を俯瞰して眺める
自らの心に問いかける
自分の限界を作らない



上記の意識でいることで、自分の人生で本当に大切にしたいことを見出せるようになります。


生きることは、誰かに依存しなくても自分自身で発見できるのです。




人生の本質



自分が今を生きていくなかで、自分が何をしたいかを純粋に知る姿勢が大事になります。


やらされている感で人生を生きていても、心が満たされるようになるわけじゃないです。


生きていくことは、自分が本気で大事にしたいことと向き合うことであり、社会の固定観念に縛られることではありません。


人は思考を固定すると、そのことしか考えることができなくなります。



生きていく術を知ることで、自分がより心の豊かさを体感できるようになっていきます。




おすすめの書籍


生きる場所を、もう一度選ぶ 移住した23人の選択(しごとのわ)

新品価格
¥1,650から
(2020/9/6 08:36時点)


生きる場所を、もう一度選ぶ 移住した23人の選択【電子書籍】[ 小林 奈穂子 ]

価格:1,485円
(2020/9/6 08:37時点)
感想(0件)



まとめ:生きていく術を学んで、自分にとって本当に必要なことを大切にしていこう



今回は、生きていく術を学ぶための考え方をご紹介しました。


自分がどんな気持ちになりたいのか、そこを日常的に考えることで、自分が優先して大事にしたいことに気が付けるようになります。


普段の生活から、自分がどう生きていたいかを考え続けることが、結果として幸せな道につながっていきます。

 


最後までありがとうございます!

//目次に表示非表示ボタンを表示させる