MENU

生き様を築き上げるコツ3選

f:id:mubou_rakuzi:20200504201308j:plain

 

 

目次

 

人生を俯瞰して眺める

f:id:mubou_rakuzi:20200504201314j:plain

自分が生きていく上で、何が大切なのか。

大切である人生と言う時間。

それをどうやって自分として確認するか。

まずは自分で人生のステージを俯瞰してみること。

客観的に生き様を知ることで、自分の世界は広いことを知れる。

その広い世界の中で、何が大事なのかを理解するきっかけにもある。

狭い世界観の中では、自分の存在を常識に凝り固まった自分でしか見られない。

それを脱して、自分が生きている世界で、自分の世界観を当てはめる。

それでこそ、人生を俯瞰して自分の価値観と向き合えるようになる。

 

時には客観的に考える

f:id:mubou_rakuzi:20200504201304j:plain

主体的に生きるのが人生。

相手の感性と感覚に依存するのは、さすがにもったいない。

自分だけの人生とどう向き合うか。

それだけを大切にできれば、自分自身の生き様をいろんな角度から俯瞰できる。

俯瞰することで、今の自分とこれからの自分がやりたいことが見えてくる。

見えないのであれば、見えるまで自分の心に問いかけ続けること。

自問自答の継続で、自分の気持ちを得られる。

得られた気持ちを表現するステージは、その人生にすでに用意されています。

その事実に気がつくことで、次の「一手」を考えられる。

 

自分はどうなりたいか

f:id:mubou_rakuzi:20200504201300j:plain

生き様を考える時に、自分のあるべき姿を考えた時がありますか。

それを考えて思いを巡らせることで、行動における指針を把握できる。

把握できれば、自分の行動に迷いを抱く必要はない。

迷いや悩みがあるのでは、正直な自分として生きられない。

やりたいことを好き勝手にやる権利を自分から捨てている。

大切に自分の生き方を見つめることで、何が自分の本命であるかを知れる。

自分自身の生き方を考える時、人は他者のことを気にしすぎる。

必要以上に気にすることで、自分の肯定感をただ下げる。

下げた肯定感は、なかなか元に戻らない。

戻るのは相当な時間を要するので、最初から自己肯定感を下げ続ける必要はない。

他者との競争に制することより、まずは自分。

比べることに意義はない。

自分がやりたいことに、真剣に100%向き合う。

それこそ、生きている実感として得られる。

 

まとめ

人が生きる。

それを考えることで、世界を変えるような発見を得られない。

すでに、自分自身で発見しているから。

新しく考えるより、今まであった自分の価値に気がつくこと。

自分の胸の中にあるから。

いつだって、その素晴らしさに感動できる。

それが人生ってもの。

 

 

最後までありがとうございます!

 

//目次に表示非表示ボタンを表示させる