MENU

日常から幸せに気がつく考え方 【今ある時間を大切に生きる】

f:id:mubou_rakuzi:20210131195216j:plain

自分の日常が平凡に感じており、生き甲斐を感じることができない。幸せを実感する考え方を知りたい。 


 そんな悩みを解決します。


本記事の内容

・日常から幸せに気がつく考え方




本記事の信頼性

この記事を書いている私は、現在ブログ歴10か月ほどです。 人生論を綴るブログ記事を300本ほど書いてきました。




今回は、日常から幸せに気がつく考え方をご紹介します。


  人の幸せのカタチは、個人の価値観に寄って違いがあります。


  他者との違いを明らかにして、自分のことを否定するより、いまの自分の幸せを実感することが大切です。


 

この記事を読むことで、日常から幸せに気がつく考え方を知ることができます。 

 


それでは、早速ご紹介していきます。

あわせて読みたいnote



自分なりの幸せを確認する


日常を生きることは、本来は自分の幸せを感じることです。


  しかし、現代は時間に追われるばかりで、今という時間を実感できない人が多くいると思います。


 

思い出してほしいのは、幸せの感覚は「自分だけの財産」です。 

 




人と自分を比べない


幸せについて論争しても、その時点で幸せになることはありません。


  不毛な時間を浪費する前に、自分がどんな「幸せ」を感じたいのかを明確にする必要があります。


 

他者と自分の幸せは、必ず同義である可能性は低いです。 




  お金に価値を置く人や、人との繋がりに幸せを感じる人など、それぞれの価値観で大切にしたいことは別々だと思います。


  日常から幸せに気がつく考え方は、下記の3つです。


  

日常から幸せに気がつく考え方
①自分に自信を持つ
②できることを細分化する
③自分の存在に目を向ける

 


  ひとつずつご説明します。




自分に自信を持つ


 誰かと競うように、幸せの意識に焦燥感を持つ必要はありません。  


幸せを感じる瞬間は、自分のメンタルを落ち着かせたところにあります。


 

バタバタと日々の行動に忙殺されてばかりだと、正直な自分の気持ちに気がつくことが難しくなります。 




  今の自分を堂々と捉えることが、幸せを実感するコツです。


 

周りが何と言おうと、自分で「自分を信頼する」瞬間を味わうことが大切になります。 

 




できることを細分化する


幸せに生きることは、自分の心の働きを感じることにあります。


 

幸せの基準は、誰かの物差しを参考にすることではなく、自身の心の物差しを使うことが大切です。 




  他者の物差しを基準にしてしまう時は、自分ができる行動に眼を向けることが大切になります。


 

小さなことであれ、自分の達成感を味わうことは、幸せに近づくきっかけとなります。 






自分の存在に目を向ける


幸せの感覚は、自分を信じることが基本となります。


 

自らの存在に目を向けることで、自分が実感したい感情にも眼が届くとようになります。 




   不特定多数の社会で勝負しようとせず、自分の存在を受け止める必要があります。


  

競争することに意識を集中せず、今ある自分を日常から感じることに意識を向けていきましょう。 

 




まとめ:日常から幸せに気がつくことで、人生の生き甲斐を感じていこう


  今回は、日常から幸せに気がつく考え方をご紹介しました。


  誰かと自分を競争するだけでは、自分の幸せから程遠くなります。


  自己の幸せは、他者の人生の中に存在していません。


 

自分の幸せを深く味わうには、日頃から自分の今を大事に過ごす必要があります。 

 


  今回は以上です。

あわせて読みたいnote