MENU

嫌なことを捨て去る考え方3選

f:id:mubou_rakuzi:20200702204123j:plain

嫌いなことで悩みが増えていく。

 

そんな悩みを解決します。

 

 

 

目次

  1. 自分がどういう人生を歩みたいのか
  2. 自分が感じたことだけを意識する
  3. 意識することが人生になる

 

自分がどういう人生を歩みたいのか

どんな人生を歩むかは、その人の気持ち次第である。

理論的に間違いのない人生など、この世にそもそも存在していない。

だからこそ、自分が生きたいように生きることがベストな選択肢である。

人の意見に左右され続け、頭を抱え込む必要はどこにもない。

自分が生きる事は、自分の気持ち次第でいくらでも考えることができる。

生きている実感を感じられれば、その人は幸せな人生を掴める。

人は自分の心が理想的に満たされれば、自分の幸福を実感できる。

自分から納得できる瞬間を、自分の心を信じて掴んでいこう。

何をするにしても、自分自身が抱く気持ちを落ち着かせることが、幸せな人生への第一歩になる。

自分が理想とする生き方を、自分なりに問い続けていくことが大事になっていく。

 

自分が感じたことだけを意識する

自分の心を整えるために、自分が感じている心の形を知ることが必要となる。

誰でもない、世界で一人だけの自分の心は、果たしてどのような形をしているのか。

それを知ることから、自分自身の幸せなる道のりが始まっていく。

自分の気持ちを確かめる事は、自分が選びたい人生と向き合うことを意味する。

自分が選択したい人生を進むには、自分の気持ちをそれ相応に近づけることが大事となる。

心の動きは、その人の人生そのものを表す。

自分が目指したい理想の夢があれば、それを叶えるための行動を積み重ねていこう。

誰からの人生を生きないで、本当の自分を表現し続ける。

夢の実現を叶える感情を、自らの感覚で学び続けていこう。

 

意識することが人生になる

自分の感覚で考える事は、その人の人生に直結していく。

どういった生き方であっても、それは自分の感覚が決めることである。

自分が感じたい心があるなら、それを感じられるような努力と工夫を欠かさないことが大切になる。

社会の常識や風潮に流されっぱなしでは、本当の自分の人生を生きられない。

誰かに頼りっぱなしにならず、自分の心で感じたいことを素直に表現していこう。

その意識が、自分の幸せを着実に引き寄せてくれる。

自分にとって嫌なことより、自分が感じたいことを優先していこう。

 

まとめ

自分にとって嫌なことを捨てることで、自分自身の心と頭の中をスッキリできる。

自分の思考と感情にゆとりを作れば、それだけで人生の本質に近づける。

本当にやりたいことを、自分の意思で自由に選び取っていこう。

その経験こそが、自分の幸せを素直に表現させる。

 

 

最後までありがとうございます!

 

//目次に表示非表示ボタンを表示させる