MENU

人生を賢く生きる考え方3選

f:id:mubou_rakuzi:20200512164417j:plain

 

 

目次

 

自分がどうありたいか

f:id:mubou_rakuzi:20200512164413j:plain

世の中には沢山の情報が溢れている。

自分がどうありたいかを考える中で、それらの情報が自分の生き方を迷わせる。

情報を鵜呑みにするだけで、自分の頭と感覚を使って物事を考えない。

考えないことで、自分のオリジナル色のある人生を歩んでいけない。

他者が言うことばかりを正解と勘違いすることで、自分の生き方の幅を狭くする。

人生の幅が狭くなることは、人生の中で得られる豊かさを減少させる。

人の豊かさには、その人にしか感じられないものがある。

後悔なく生きていくには、自分自身で物事を俯瞰して考えることが大切。

 

自分にとっての賢さとは

f:id:mubou_rakuzi:20200512164407j:plain

人生を生きる上で、自分の感覚と正面から向き合うことが大切。

正面から向き合うことは、自分で生きる道をまっすぐに決めることを意味する。

自分で生きる道を選択することは、他者に責任を押し付けることはあってはならない。

自分以外の他者に全ての責任を丸投げしても、自分は何も成長できない。

成長するには、生きる責任を自分で背負う覚悟が求められる。

覚悟を背負うことが、生きることに自分の賢さを鍛えることが大切となっていく。

賢さとは、自分自身で思考を巡らせること。

思考を止めないで行動し続ける中で、何をすれば自分の豊かさを高められるかが見えてくる。

 

どういう人生を生きていたいか

f:id:mubou_rakuzi:20200512164404j:plain

人生の選択肢を考える中で、自分が今の瞬間で何をやりたいか。

そこを明確に設定することで、得られる幸せのカタチも明確になってくる。

何となく生きることは、別に賢く懸命に人生を歩まなくても良い。

本気で成長を果たしたいなら、何をするべきかを鮮明に考え続ける姿勢が大切となる。

その心を忘れないことで、自分の考え方や感じ方を少しずつ変えられる。

思考と経験を変えることは、自分でいつでもできる。

誰かにコントロールしてもらうことを期待するより、主体的に自分で変化の道を歩むことが大切になる。

自分の人生は、自分で納得いくカタチに仕上げる。

その自由な権利は、誰でもなく自分自身が持っている。

 

まとめ

自分が何を人生でやり遂げたいか。

納得する瞬間を生きる中で、自分は何をしたいか。

それらを自分の中で考え続けることで、得られる感覚がある。

何も考えないなら、豊かさへの道を自分で閉ざすことになる。

自分で生きる人生は、自分でコントロールすることを大切にして生きたい。

自分の可能性を信じられるのは、自分の心。

賢く生きるチャンスは、誰でも得られることに気付こう。

 

 

最後までありがとうございます!

 

//目次に表示非表示ボタンを表示させる