MENU

相手の気持ちを掌握する考え方3選

f:id:mubou_rakuzi:20200603083937j:plain

コミュニケーションする上で、相手の心が分からない。

 

そんな悩みを解決します。

 

 

 目次

 

相手の心を想像する

人とコミニケーションを積み上げる事は、相手の感情を知ることが大切になる。

どういう感情を抱いているのかで、どんな言葉を投げかけるのかが決まってくる。

相手の気持ちがあってこそ、初めてコミニケーションが成立する。

気持ちを汲み取る事があって、自分が相手に届ける言葉の質や重みが変わってくる。

自分本位で言葉をただただ投げかけるだけでは、相手の気持ちに何も響かない。

人が行動を起こすときは、その人自身の気持ちに言葉が響く時である。

無鉄砲に言葉を発信しても、相手の気持ちを考えられてなければ、言葉の意義は何もない。

 

自分と相手は違う

自分が考えていることと、相手が考えている事は当たり前に違う。

人は一人として同じ思考と感覚を持ち合わせている人はいないから、自分の価値観がそのまま相手に通用する事は無い。

お互いに理解を共有するには。丁寧な言葉で思いを言語化していくことが大事になっていく。

お互いに気持ちは見えないからこそ、お互いに知っている「言葉」と言う形で思いを共有する作業が求められる。

その過程をないがしろにしていては、お互いに気持ちを通い合わせる事はできない。

相互的にコミニケーションを図る上で、相手の心を想像することが欠かせない。

相手が何を考えているのか、相手がどんなことを感じ取っているのか。

そこを組みとってこそ、初めてお互いを考えた話し合いができる。

お互いの心は違うと言う前提を知っておくことが、信頼感を築けるとコミニケーションにつながっていく。

 

コミニケーションは勝ち負けじゃない

意思疎通を図る上で、お互いに勝ち負けを意識している場合ではない。

相手の考えや価値観を論破することで、得られるものは何か。

悲しみ、絶望、批判といった、相手の心を傷つけることしか得られない。

それは何の意味も持たないから、常に建設的なコミニケーションをとることが大切になる。

コミニケーションは相手の思いを受け取ることから始まり、相手の気持ちを知ることで終わる。

相手の心を自分で想像し続けることで、相手が求めている言葉を次第に掴める。

見えない部分に、いかにしてフォーカスし続けるか。

その意識が、円滑な意思疎通を実現させてくれる。

そのために、日頃から人が考えそうなことを想像する練習を積んでいこう。

自分の頭を振り固めてしまえば、ん自分の考えが絶対的に正しいと勘違いしてしまう。

多様な価値観を知ることで、人の感覚を理解できるようになっていく。

 

まとめ

相手の気持ちを知ることで、相互的な信頼関係を築けるようになる。

信頼し合える関係には、見えない部分を大事にする姿勢が問われてくる。

見えない部分を大事にする事は、相手の心を尊重することを意味する。

相手の顔色を伺っているばかりじゃなく、相手の気持ちを知ることが先決になっていく。

その積み上げてこそ、総合的なコミニケーションを図れる。

 

 

最後までありがとうございます!

 

//目次に表示非表示ボタンを表示させる