既知の世界を見つめ直す考え方 【固定概念は衰退を意味する】

知っている概念に執着することを善と受け止めてしまい、新しい価値観を許容できない。無意識の常識のレンズを外して、世界の新しさを感じたい。

  


そんな悩みを解決します。


本記事の内容

既知の世界を見つめ直す考え方




本記事の信頼性

この記事を書いている私は、現在ブログ歴10か月ほどです。 人生論を綴るブログ記事を300本ほど書いてきました。




今回は、既知の世界を見つめ直す考え方をご紹介します。


自分が学んできた知識や情報が、本当に間違いないかを証明することは難しいこと。


無知である自分を、積極的に受け止める姿勢を崩さないことが大切です。


この記事を読むことで、既知の世界を見つめ直す考え方を知ることができます。

 

それでは、早速ご紹介していきます。

あわせて読みたいnote




立場と視点をリセットする


自身の価値観に正義感を植え付けていると、他の選択肢に背を向けることになります。


今までの自分を正しいと強く考えていれば、自身の殻の中に心地よさを感じてしまいます。


普段の自分を高い視座から眺めることで、初めて見える景色が待っています。

 




学びの範囲を広げる


現状に慢心していると、自分の立ち位置を俯瞰することが厳しくなります。


知っていることだけを、有力な選択肢のひとつに決めつけないこと。 




冷静な姿勢で立ち止まることで、新しく学べる価値に気づけるようになります。


既知の世界を見つめ直す考え方は、下記の3つです。


既知の世界を見つめ直す考え方

  1. 挑戦を楽しむ
  2. 自己を知った気にならない
  3. 古きにしがみつかない


 

ひとつずつご説明します。




挑戦を楽しむ


新しいことから逃げていれば、現状の漠然さに覆われることになります。


未知の世界に対して、好奇心を持って飛び込む勇気が大切です。 




周囲が醸し出す同調圧力を恐れず、着実に一歩踏み出し続けていく。


その姿勢に希望を見出すことで、今の世界観をより豊かにアップデートできるようになります。

 




自己を知った気にならない


現実の自分を過信していれば、それ以外の価値観を学べなくなります。


自身の都合よい解釈を棚上げして、周囲に責任を押し付ける不毛さを、そのままに放置しないこと。 




現実に歪曲した正しさを与えず、冷静な視点から振り返る必要があります。


自分の存在に万能感を出す前に、自分を客観的に見つめていきましょう。

 




古きにしがみつかない


現在の価値観に縛られていると、時代の変化に取り残されてしまいます。


現状に慢心していれば、時間の流れと共に人生の方向性を見失っていく。 




その現状に無自覚であれば、人生に不毛な時間を過ごすだけになります。


生きる幸せの拡張を、既知の世界からの脱却する過程から知っていきましょう。

 




まとめ:既知の世界を見つめ直して、固定概念を幸せに変えていこう


今回は、既知の世界を見つめ直す考え方をご紹介しました。


普段の自分を過信することで、思考を限定させる一方となります。


現在の自分に傲慢にならず、歩める選択肢を少しずつ準備することが大事です。


無自覚に決めつけた価値観を、立場を変えて微調整していきましょう。 

 


今回は以上です。

あわせて読みたいnote