MENU

心を振り返る考え方 【自己の感じ方を知ること】

f:id:mubou_rakuzi:20210214201334j:plain

自分の気持ちのあり方が分からない。日常で心を見つめ直すための考え方を知りたい。


 そんな悩みを解決します。


本記事の内容

・心を振り返る考え方




本記事の信頼性

この記事を書いている私は、現在ブログ歴10か月ほどです。 人生論を綴るブログ記事を300本ほど書いてきました。




今回は、心を振り返る考え方をご紹介します。


  社会は自分だけコントロールできない事象に溢れており、自分の心が何を感じているのかが見えなくなりつつあります。


  現代の情報や忙しさに忙殺されるだけでは、心の内省に時間を割くことが難しくなります。


 

この記事を読むことで、心を振り返る過程を経て、自分の心のあり方を把握できるようになります。 

 


 


それでは、早速ご紹介していきます。

あわせて読みたいnote



他者と社会と距離を置く


自分の心を振り返ることで、これからの人生を考え直す起点になります。


  内省する時間を設定することで、自分の心に正直になることにつながります。


 

そのために、現代社会と他者が取り巻く環境から一歩引いてみることが大切です。 

 




孤独を楽しむ空白を持つ


一人で自分の気持ちを振り返ることで、自分の今を確かめられます。


 

何かに執着していても、本当の自分の内面に出会うことが難しくなります。 




  現状にあぐらをかいて慢心するより、自分にできることから始めることが大切です。


  心を振り返る考え方は、下記の3つです。


  

心を振り返る考え方
①一人の時間を作る
②当たり前を疑う
③想像力を膨らませる




  ひとつずつご説明します。




一人の時間を作る


  自分の心を振り返るには、自分らしさを考えて時間を使う必要があります。


   何となく周囲に流されていると、自分の気持ちを感じることから遠ざかっていきます。


  

現状の環境に飲まれていると、自分の感覚が最後に麻痺していきます。




   誰にも邪魔されることなく、自分と向き合う時間を意図的に作ることが大切です。


  

ゆっくりと自分が普段から感じていることを整理することで、自分の気持ちに気づけるようになります。 

 




当たり前を疑う


自分の心を知るために、今ある環境を別角度から眺めてみることが大切です。


  今ある自分は、過去に経験してきた環境によって形成されています。


 

何となく時間を過ごすだけなら、自分がどういったことに喜びを感じるかが曖昧になっていきます。




  当たり前だと思って過ごしてきた時間を、違った角度で眺めてみることが大切です。


 

今までと違った視点を持つことで、自分の考え方が整理されていきます。 

 




想像力を膨らませる


自分の心を振り返るときに、自らのイメージを膨らませることが重要だとだと思います。


 

自分の心は、客観的に把握することが難しく、自覚できていない部分も多くあると思います。 




  心のあり方に無自覚であることを認識するために、心の範囲の限界を突破する必要があります。


 

想像力を広げ、自分の心の反応をキャッチしやすくすることが大事になります。 

 




まとめ:心を振り返ることで、今を豊かに生きていこう


  今回は、心を振り返る考え方をご紹介しました。


  心が感じていることを整理すると、生きることが次第に楽になっていきます。


  どんな生き方でも、その人の気持ちがなければ成立しません。


 

自らの心を知ることで、人生で見える景色が変わっていきます。 

 


  今回は以上です。

あわせて読みたいnote