MENU

細かいことより自分がやりたいこと【人生の取捨選択】

f:id:mubou_rakuzi:20200905065955j:plain

人生の時間が限られているなかで、自分がどんなことを優先していくかを考えていきたい。人生の生きていく優先順位を明らかにする考え方を知りたい。




そんな悩みを解決します。


本記事の内容

・自分がやりたいことを表現するコツ 
・どう人生を選んでいくかを知る考え方




今回は、細かいことに囚われない考え方をご紹介します。


この記事を書いている私は、現在ブログ歴10か月ほどです。 人生論を綴るブログ記事を200本ほど書いてきました。




人は自分の悩みや不安を考え出してしまうと、そこから泥沼にハマってしまう傾向があります。


小さな心配事であれ、それがいつの間にか取り返しがきかない程に大きくなってしまうことが誰しも経験するものです。


この記事を読むことで、自分が本気で向き合いたいことだけに人生の時間を使えるようになります。




それでは、早速ご紹介していきます。



目次


人は心配になる生き物



自分の人生を生きていくなかで、自分がどんな時間を過ごしていきたいか。  


その具体的なイメージを持つことで、自分が信じる可能性に気がつけるようになります。  


ただ、人は誰しも心の中には心配の種を抱えて生きています。  


その心配事の例を見てみましょう。  


これからやってくる未来が心配
人間関係でうまくいかない
自分が好きなことができない  

  
 
  上記の例で悩みを抱えているときは、今という状況だけに引き込まれており、周囲の状況が見えていません。

心配な心に支配されるより、物事に対して冷静に振る舞う姿勢が大切になります。

 
     

不安と向き合う勇気



人が考える不安は、その人しか理解できないものであり、自分自身で受け止めることが必要になります。

   
受け止める覚悟があれば、そこから未来に向かってチカラ強く前進できます。  

 
心が不安に苛まれるときは、見えないことに恐怖心を覚えてしまうもの。  

 
下記のような状態になるとき、人の心は冷静になれません。  

 

予想できないことに直面する
思った通りに事が進まない 
理解できないことに遭遇する


  
上記のことは、人の心を見出すものであり、落ち着いて物事を考えることができなくなります。   

 
人は自分でコントロールできないことに対して不安になるもの。   


そのため、自分で物事をコントロールできることだけに意識を集中させることが大事になります。

   
 

逃げてばかりじゃ前に進めない

  

自分でコントロールできないことに頭を抱えて悩んでいても、その状態を改善することはできません。  


今の状況を知ることで、自分がどのように行動していけば良いかが見えてきます。    


悩みに囚われていても、自分が本気で優先したいことができなくなり、時間ばかりがあっという間に過ぎていきます。    


下記のように、現実に向き合うコツを挙げてみます。    


コントロールできることを考える
準備できることを見つける
悩んで即決しても変わらない




上記の考える方を実践することで、現実との向き合い方を少しずつの変えることができます。     


 現実を変えたいなら、本気で自分ができることに向き合い続ける姿勢を継続させていこう。 

     


自分が向かう場所

   


人生の時間は、ただ不安になるだけにあるわけじゃなく、自分を幸せにするためにあるのです。     


そのため、自分が幸せを感じることを理解することで、今からの行動を変えることができます。     


悩みを抱え続けると、その状態が自分にとっての当たり前な感覚になってしまい、その状況に何の疑問を感じなくなってしまいます。     


自分が進んでいきたい道を知ることがで、行動を前進させる基準を作ることができます。

 

自分がやりたいことを知るために、自分の心を整理する時間も持つことが大事になります。      


不安に潰されることなく、自分が本当にやりたいことを優先させる行動が、不安以上に大切なことに出会える原点になります。  

 
 

不安より希望を信じる



自分が優先したいことを知ることで、不安との向き合い方を変えることができます。  


不安な気持ちでいることで、自分の行動に制限をかけることになってしまいます。  


ここで、自身の行動に制限をかけてしまう例を挙げてみます。  


不安の気持ちをずっと引きずる
客観的に物事を捉えられない




その行動をしていると、いつまでも同じ場所で自分の心を無限にループさせることになります。  


同じ場所をさまよっていても、現状を突破することはできません。  


これからの希望を信じて、自分から積極的に行動していく勇気を持ち続けよう。 

 
 

希望が自分を未来に連れていく



現状で嘆いていても、自分が過ごしている今は何ひとつ変わることはありません。   


自分を本気で変えたいなら、自分がやりたいことに想いを馳せることが大切になります。   


 マイナスの気持ちでいても、見えるものは全てマイナスとして見えてしまうものです。 

   


そのため、いつでも自分の視野を広げる意識を持つことが大切です。


希望のあるマインドがあれば、細かい悩みに自分を支配させる必要がなくなり、自分が人生で優先したいことに改めて気が付けるようになります。

   

悩んでも結果は変わらない

コントロールできないことを悩み続けても、そこから新しい一歩を踏み出すことはできません。  


自分がやりたいことがあるなら、不安な気持ちを思い切って捨ててみることが大事になります。  


解決しない無限にループで心を苦しめるより、自分ができることに時間を有意義に使っていきたいところ。

 

悩んでいるよりも、自分の心に正直になって今という時間を丁寧に過ごしていこう。  


人生は一度しかないからこそ、後悔のない選択を今から重ねていきましょう。    


おすすめの書籍

後悔しない超選択術

新品価格
¥1,247から
(2020/9/5 07:44時点)

  

人生の主導権を取り戻す最強の「選択」/オーブリー・マーカス/恒川正志【1000円以上送料無料】

価格:1,870円
(2020/9/5 07:46時点)
感想(0件)

  

まとめ:細かいことを心配するより、自分がやりたい気持ちを優先しよう

  

今回は、細かいことを優先するより、自分の気持ちを優先する考え方をご紹介しました。   


人は自分ではどうしようもできないことに気持ちを囚われてしまいがち。   


その状況に終止符を打つために、今の自分がやるべきことを整理して、これからの人生を有意義な時間にしていきましょう。

  


最後までありがとうございます!


//目次に表示非表示ボタンを表示させる