固定化した常識を壊していく考え方 【新しい視点に謙虚になる】

思考が無意識に凝り固まってしまい、自分から考える過程を放棄してしまっている。これまでの価値観を絶対視せずに、思考を柔軟にしていきたい。 



そんな悩みを解決します。


本記事の内容

固定化した常識を壊していく考え方




本記事の信頼性

この記事を書いている私は、現在ブログ歴10か月ほどです。 人生論を綴るブログ記事を300本ほど書いてきました。




今回は、固定化した常識を壊していく考え方をご紹介します。


普段から同じ思考習慣をしていれば、新しく得られる情報に出会えなくなります。


知らない価値観に対して否定的にならず、認識を日頃から更新していきましょう。


この記事を読むことで、固定化した常識を壊していく考え方を知ることができます。  




それでは、早速ご紹介していきます。

あわせて読みたいnote




違いを一旦受け止める


自分だけの感覚を正当化していると、思考の多様性が枯れてしまいます。


思考の中になかった概念に、少しずつ触れみる好奇心が大切です。


価値観を更新する旅を、積極的に味わっていきましょう。  






前向きに疑う勇気


自身の常識をそのまま使い回すと、時代の変化に対応できなくなります。


新たなる価値観の存在を、肯定的に認識する心のゆとりが大切です。  




考えることを諦めずに、自身の認識に新しい風を吹き込ませていきましょう。


固定化した常識を壊していく考え方は、下記の3つです。


固定化した常識を壊していく考え方 

  1. 無知を認める
  2. 知る喜びを味わう
  3. 頑ななこだわりを捨てる


 

ひとつずつご説明します。




無知を認める


自分自身を過大に評価していると、物事の本質にいつまで経っても近づけなくなります。


これまで知らなかった世界に一歩足を踏み入れることで、今までに見えなかった景色が望めるようになります。  




自身の常識に歪んだ正義感を被せずに、認識に謙虚さを持たせていく。


その過程を経ることで、凝り固まった思考をストレッチできます。 






知る喜びを味わう


今までの情報や知識にこだわっていると、物事の視野が極端に狭くなってしまいます。


同じことの繰り返しで人生の幕を下ろさず、学べる楽しさを主体的に発見していく。   




日常に好奇心を持たせることで、完璧だと思ってい考え方が誤解だったと気づけるようになります。


思考に停滞感を含ませずに、新しい世界に飛び込んでいきましょう。  






頑ななこだわりを捨てる


自分の中に過剰なこだわりを持ってしまえば、それ以外の選択肢が閉ざされてしまいます。


既知の常識だけでは人生を到底理解できないと、当事者として気づくことが大事になります。   




限定的な思考で慢心せずに、新しい視点を探求していく。


これまでの価値観を刷新する勇気を、今日の瞬間に与えていきましょう。  






まとめ:固定化した常識を壊して、新しい視点に寛容になっていこう


今回は、固定化した常識を壊していく考え方をご紹介しました。


変わらない思考を信じていれば、普段と変わらない日常が流れ去ってしまいます。


謙虚な姿勢と視点を失わず、日常に前向きな彩りを与えていきましょう。 




今回は以上です。

あわせて読みたいnote