MENU

行動する目的を明確に持つ考え方 【人生の時間は有限である】

f:id:mubou_rakuzi:20210216204519j:plain

自分の生き方に明確な方向性が持てていない。自信を持って今を生きる考え方を知りたい。  


 そんな悩みを解決します。


本記事の内容

・行動する目的を明確に持つ考え方




本記事の信頼性

この記事を書いている私は、現在ブログ歴10か月ほどです。 人生論を綴るブログ記事を300本ほど書いてきました。




今回は、行動する目的を明確に持つ考え方をご紹介します。


  人生を生きでいくなかで、自由に使える時間には限度があります。


  その時間を自分の幸せをのために使えるかが、今の自分の生き方を豊かにするきっかけとなります。


 

この記事を読むことで、行動する目的を明確にする考え方を知ることができます。




それでは、早速ご紹介していきます。

あわせて読みたいnote



自分が何をやりたいか


人生は実際に行動することで、自分が生きる現実を変化させることができます。


  ぼやっと考えているだけでは、自分の現実を理想に向けて変えることができません。


 

自身がどんな人生を歩みたいのかを明確にすると、行動も具体的に連動していきます。

 




世間の価値観はひとつの価値観


社会の中で生きていると、他者の考え方に触れる機会が多くなります。


  その機会を経ることで、人は自分の立ち位置を確認することができます。


 

自分の立ち位置を知ることは、これからの自分を想像することにもつながります。 




  ただ、他者の意見に洗脳されるだけだと、自分が今やるべき行動の理由が曖昧になってしまいます。


  行動する目的を明確に持つ考え方は、下記の3つです。


  

行動する目的を明確に持つ考え方
①社会を基準に据えない
②自分が信じたいことを知る
③生きられる時間は限られている




ひとつずつご説明します。




社会を基準に据えない


  自分の行動を具体的にするには、自らの心に正直な選択をすることが大事になります。


  

自分の価値基準に合致しない考え方に支配されると、これからの生き方に迷いが生じます。 




   現代のあり方をそのまま踏襲することだけじゃなく、自分の頭と感覚を働かせることが大切です。


  

外的な要素に自分を縛りつけるより、今の自分がやりたいことに誠実に語りかける時間を作ることが必要になります。

 




自分が信じたいことを知る


誰かの意見に流される前に、自分が何を信じたいかを明らかにしたいものです。


 

人生には絶対の解答が用意されていないので、社会に溢れる考え方から自分に最適な感覚を選んでいくことが大切です。 




  周囲の意見に乗っかることに満足していると、本当の自分の気持ちに気づけなくなります。


 

現代社会の平均を無自覚に信じる前に、自分が信じたいことを厳選するマインドを整えることが大事になります。 

 




生きられる時間は限られている


自由に生きられる時間は、永遠に続くものではありません。


 

どのように生きたいのかは、自分から自由に選択肢できる権利があります。 




  しかしながら、その主体的な権利を行使することなく、他者の言動に支配されることを良しとする常識が社会に溢れています。


 

現実で行動する目的を知るために、自分の価値観と向き合うことが必要だと思います。 

 




まとめ:行動する目的を明確に持つことで、人生を豊かな時間にしていこう
  今回は、行動する目的を明確に持つ考え方をご紹介しました。


  人生で自分がどんな経験したいかで、毎日の生き方が変わっていきます。


  何となく生きていると、自由に過ごせる時間がただ過ぎることになります。


 

今の自分が使える時間の価値を知り、自己の内面を深掘りすることで行動の目的を明確にできるようになります。 




今回は以上です。

あわせて読みたいnote