個人の幸せを尊重する考え方 【幸せを固定化する必要はない】

f:id:mubou_rakuzi:20220416141742j:plain

自身が感じたい幸せに自信を持てず、周りの幸せに対して過剰に反応してしまう。幸福を比較することなく、自分にとって心地よい幸せを感じたい。  


そんな悩みを解決します。


本記事の内容

個人の幸せを尊重する考え方




本記事の信頼性

この記事を書いている私は、現在ブログ歴10か月ほどです。 人生論を綴るブログ記事を300本ほど書いてきました。




今回は、個人の幸せを尊重する考え方をご紹介します。


現代社会は変化が繰り返される現実があり、この先も現状維持に止まらないことでしょう。


常に移ろいゆく時代のなかで、誰かと自分を徹底敵に比べる意味を改めて考える必要があります。  




幸せに絶対的な解がない以上、多様な幸せに対して寛容に受け止める姿勢が大切です。


この記事を読むことで、個人の幸せを尊重する考え方を知ることができます。  

 


それでは、早速ご紹介していきます。

あわせて読みたいnote




主観に生きる現実を知る


人が心地よいと感じる瞬間は、それぞれの価値観のもとに形作られています。


全く同じ価値観を他者に強要することは、生きることの息苦しさを社会に根付かせることになります。


不毛な衝突に時間を使うことなく、穏やかに受け止めることに専念することが大切です。  

 



同質化が正解とは言えない


周囲と自分を同質であると思っていると、退屈な時間を漠然と送ることになります。


一緒であることに覚えた安心感を、本物の安心であると思い込まない落ち着きが大事になります。  




不確実なことを鵜呑みにすることなく、立ち止まって思考を掘り下げ続ける必要があります。


個人の幸せを尊重する考え方は、下記の3つです。


個人の幸せを尊重する考え方 

  1. 多様な思考の背景がある
  2. 決めつける必要はない
  3. その時の幸せを味わう


 

ひとつずつご説明します。



多様な思考の背景がある


現在の自分が知っている範囲で考えても、新しかった視点が時間の経過のともに古びていきます。


錆び付いた知識や情報を振りかざすことは、超えられない壁にぶち当たることを意味します。  




その中で燻り続けるなかで、徐々に視野狭窄を凝り固めることになります。


既知の思考が、人の共通項とは限らない事実を知っておきましょう。  

 



決めつける必要はない


断片的な情報だけを確信することは、幸福を自分から遠ざけることになってしまいます。


正当化に集中することで、幸せを偏ったバイアスで自分を制約しがちになります。  




限られた選択だけを選ぶことで、違った思考だけを信じがちになります。


結論を急ぐことなく、じっくりと価値観と対峙し続けることが大切です。  

 



その時の幸せを味わう


幸せにおける価値観や総量を、条件反射で他者と競い合う必要はありません。


時間を費やしても変わらないことに、自らの可能性を注ぎ込む視点をシフトしていく。  




その感覚を突き詰めることが、本当に納得できる幸せを生きることになります。


残された時間を幸せの背比べに使うことなく、幸福に大らかな認識を向けていきましょう。   

 



まとめ:個人の幸せを尊重することで、幸せを味わえる瞬間を増やしていこう


今回は、個人の幸せを尊重する考え方をご紹介しました。


人が信じる幸せは、その人にしか本当の部分を理解できないものです。


幸せを客観的に示す外的なデータがない以上、自身の内面から幸せを引き出すことが大切です。


現実にないことを過剰に求めず、いろんな幸せのカタチに寛容になっていきましょう。   

 


今回は以上です。

あわせて読みたいnote