MENU

人生の苦しみを解消する考え方3選

f:id:mubou_rakuzi:20200428082209j:plain

 

生きることは楽しいって感じられる人はどのくらいいるか。

世の中は複雑な要素が絡み合って、人の感情を犯す現状にある。

人間は感情で動くので、気持ちの面で崩壊してしまったら苦しみは増してゆく。

心を落ち着かせることが、人生における苦しみを解放する手段になる。

 

  

目次 

 

自分を苦しめていることは何か

f:id:mubou_rakuzi:20200428082303j:plain

今の自分を苦しくさせていることは何か。

何でも苦しいわけではないように、何かの原因が必ずある。

何となく苦しいことにも、理由は存在しているから。

その理由を紐解くことを大事にすれば、その先の人生の心構えを変えられる。

まず何に苦しみを感じているかを考える。

仕事なのか、人間関係なのか、将来に関することなのか。

その人によって捉え方は十人十色。

正解の苦しさは存在しないように、その人にだけ感じられるものがある。

それを肯定するもしないも、まず自分の心が違和感を感じることを思い起こす。

原因をはっきりとさせることが大事なポイント。

 

自分がどうしたいかを考える

f:id:mubou_rakuzi:20200313121935j:plain

不安になって悩んで、苦しみから抜け出せなくてもそれはその人の人生。

言い訳をする前に、まずは自分自身で勝負をかける。

社会を広い目で見ても、オンリーワンな生き方を楽しめている人は少ない。

少ないからこそ、その自由な生き方があることに気がつかない。

気がつかないってことは、少なからず抵抗感を感じるもの。

この先の自分がそうなりたいかを想定する。

もちろん、やりたいことをやれる状態に持っていく。

一瞬で自分の世界を変えられないのと同じで、今から自分がやりたいことを真摯に考えていくことが大切なわけです。

 

広い視野で世界を見つめるf:id:mubou_rakuzi:20200313121954j:plain

苦しみに支配される瞬間は、目の前のことで頭がいっぱいになってしまう。

感じ方の違いではありますが、何をしても信じられなくなる。

信じるには他者から承認されるより、まずは自分で自分のことを信頼してあげる。

自分のことは自分で解決して、本当の自由を手にする。

それが人生の楽しみ方でもあるから。

目に前のことだけが全てではなく、人生は繋がっているもの。

先のことは誰でも分からない。

分からないからこそ、自分の理想とする期待や希望が湧いてくる。

広い視野で今の世界を眺めてみる。

それで新しい発想や行動に繋がるヒントを得られる。

 

まとめ

どんなに楽しくても、どんなに苦しくても。

人生は一回しかない。

やり直しで過去に戻ることはできない。

人生は止まることなく進んでいる。

最後はお墓に入るのは人の使命。

だったら、やりたいようにやってみるのも一つの方法。

もう迷っている暇はない。

今から行動してみる。

未来の自分に理想のプレゼントを手渡すために。

 

 

最後までありがとうございます!

 

//目次に表示非表示ボタンを表示させる