MENU

興味を再発見する考え方 【生き方をアップデートしよう】

f:id:mubou_rakuzi:20210131195359j:plain

日々の時間に流されて、自分がどんなことに興味を持っているのかが分からなくなった。自身の興味を引き出す考え方を知りたい。 


 そんな悩みを解決します。


本記事の内容

・自分の興味を再発見する考え方




本記事の信頼性

この記事を書いている私は、現在ブログ歴10か月ほどです。 人生論を綴るブログ記事を300本ほど書いてきました。




今回は、自分の興味を再発見する考え方をご紹介します。


  現代は今に至るまで、様々な娯楽が登場するようになりました。


 

ネットを始めとした多岐にわたるサービスが発信するされるようになり、日常の楽しみ方に変化が現れています。 




  その状況で、自分が興味あることを楽しむことが大事な時間の使い方です。


この記事を読むことで、自身の興味を再発見することができるようになります。 

 


それでは、早速ご紹介していきます。

あわせて読みたいnote



実際に行動してみる


自分が時間を使っていいと思える興味は、人生の時間をより豊かなものにしてくれます。


  自分が実際に経験してみることで、初めて実感できることがあったり、知りたい欲求を高めることにつながります。


 

何となく分かって終わりにせず、五感で体感してみることが大切にになります。 

 




好きを追求する


人生の時間は、死ぬ瞬間まで限られた時間の流れにあります。


 

終わりある人生を、いかにして豊かにするかは、自分の興味を深掘りしていくことが大切になります。 




  好きを極めた先に、自分が心から納得できる人生が待っています。


  自分の興味を再発見する考え方は、下記の3つです。


 

自分の興味を再発見する考え方
①情報収集だけで終わらない
②本物に触れる機会を作る
③自分の「好き」何気持ちを表現する 




ひとつずつご説明します。




 

情報収集だけで終わらない


  自分の興味は、実際にやってみないことには理解できないことがあります。


  

体験もせずに、自分の空想だけで物事を判断することにリスクがあります。




   考えることで自分のイメージを膨らませることができますが、それは本物の経験には優りません。


  

頭でっかちになって分かったつもりになるより、自分ができることリアルな経験を積んでいきましょう。

 




本物に触れる機会を作る


自分の興味に気がつくためには、実践する時間を濃することが大事です。


 

現代は情報化が進んでおり、知識をコレクションするだけで満足感を覚えてしまいがちになります。 




  自身の経験する範囲を拡大することは、人生における楽しさを深く実感できるようになります。


 

リアムな体験を重ねることで、自分の生き方を深める時間になっていきます。 

 




自分の「好き」な気持ちを表現する


生きることは、機械的に物事を処理するだけではありません。


 

自身の気持ちを感動させる瞬間を経験することで、初めて生きる楽しさを味わえるようになります。 




  自身の感性を震わせるような経験が、自分から起こすことが可能です。


 

現代は興味を広げる「きっかけ」が潜在しているので、自分から見出す工夫が大切になります。 

 




まとめ:自分の興味を再発見する思考を磨いて、日常の時間を楽しもう


今回は、自分の興味を再発見する考え方をご紹介しました。


  自分が楽しめる興味を引き出すことで、毎日の生活に潤いが出てきます。


 

分かった気になって満足することなく、実体験してみる一歩を踏み出すことが大切です。 

 


  今回は以上です。

あわせて読みたいnote