MENU

目先のお金に飛びつかない考え方3選

f:id:mubou_rakuzi:20200629220044j:plain

お金との向き合い方が分からない。

 

そんな悩みを解決します。

 

 

 

目次

  1. お金自体に価値はない
  2. 人として大切な本質を思う
  3. 人と人とのつながりを大事にする

 

お金自体に価値はない

この世の中は、常に拝金主義の雰囲気がはびこっている。

お金があれば、この世の全ての問題が解決すると言う風潮が蔓延している。

その社会的な傾向が、人々をさらにお金に縛りつけている。

目先の金銭に縛られても、それ以上の何かは得られない。

お金は目に見える存在であり、その取り扱いは非常にわかりやすいものである。

金額という数値は、世の中のことを評価する基準を現す。

それが、お金の表面的な捉え方である。

お金自体に、人として大事な価値観が含まれているわけじゃない。

お金とう概念を飛び越えた、人と人の関係性が非常に大切となる。

人と人のつながりがあれば、それだけで人間が感じたい本質を獲得できる。

 

人として大切な本質を思う

お金に執着し続けても、そこから自分の感覚に正直になれない。

お金で身動きができなくなっては、本当の自分の人生を全うする事はできなくなる。

人が生きていく中で、もっとも大切なことを探求する姿勢を大事にしよう。

人として生きていくために、お金で測れない価値に気づく努力を積み重ねていこう。

世の中は人と人のつながりで循環しており、目に見えない部分に本当の価値が宿る。

その人生の本質に気がつけるかどうかが、お金との付き合い方を円満にさせてくれる。

目先の利益に惑わされることなく、自分が自分の人生を生きた結果、相手に対してできることを実践していこう。

その意識が、お金にとらわれない幸福さに気づかせる。

 

人と人とのつながりを大事にする

人が生きる事は、自分一人では生きていけないことである。

自分の考えや思いを大事にしつつ、自分の周囲の人に対して何を与えられるかを考えていこう。

相手の幸せを考えることで、その人とのつながりを育める。

人との信頼を築いた先に、自分が求めたい幸せを叶えられる。

その幸せさは、お金で測定されるものではない。

お金に執着しない自由な心が、その人の生きがいを見出す。

人がこの世で生きる事は、人を思う気持ちを忘れないことが大切になる。

人間同士の関係性を築けば、それだけでその人にとっての幸せになっていく。

お金に執着しない生き方が、自分と相手にとっての幸せになる。

 

まとめ

お金を得たからといって、人は必ずしも幸せになるわけじゃない。

お金に対する考え方は、自分の生き方に直結するものである。

目先のお金ばかり意識せず、それ以上の見えない本質に目を向けていこう。

 

 

最後までありがとうございます!