MENU

未来を予測しない生き方3選

f:id:mubou_rakuzi:20200527175333j:plain

見えない未来に心配になってしまう。

 

そんな悩みを解決します。

 

本記事の要約

 

 

目次

 

時代は常に変わる

f:id:mubou_rakuzi:20200527175327j:plain

現代社会は、その時代に合わせて姿を変える。

世の中に人がいる限り、その時代が変化するのは普遍的な原理原則である。

その原則に不安に駆られていても、何も自分の生き方は変わらない。

生きると言う事は、周囲の変化をしっかりと受け止めて、前に進み続けることを意味する。

ただ闇雲に考えるだけでは、状況の改善はなんだ見込めない。

どうせ変わることをひたすら考えても、結局は変わるもの。

変わってしまうなら、その変化を存分に味わうことが生きる上で大切になる。

時代の変化は常にやってくる。

今と言うその瞬間を生きてこそ、自分の人生となっていく。

 

変わることは必然的にやってくる

f:id:mubou_rakuzi:20200527175324j:plain

今と言う状況を受け止め、自分が変わることを心から楽しむ。

その心がけこそが、人としての成長を飛躍させてくれる。

人は誰しも変化を受け入れてきた。

子供の時から今に至るまで、全く変化しなかった人間はいない。

身体的なものであったり、感情的なものであったり、子供の頃から大人になるまで、必然的な変化を繰り返してきた。

変化と言うのは、未来に向けて進化を遂げる重要なパーツである。

それを自分のペースでいいから、まずはそっと受け止めてみる。

その積み重ねでこそ、変化の波にただ飲み込まれずに、自分としての生き方を確立できる。

 

 

今を生きる

f:id:mubou_rakuzi:20200527175321j:plain

時代の動きに翻弄されっぱなしではなく、自分から主体的に変化と言う行動を楽しもう。

誰かの人生を生きるより、自分が生きたいように生きる。

やりたいことだけを見据えて、前を見据えて生きる。

その心があってこそ、人としての楽しみや幸せを享受できるようになる。

その感覚を噛み締められる瞬間が、人としての成長を後押しする。

社会的な変化に溺れないで、自分を見失わずに変化をし続ける。

その自分の可能性に着目することで、新しく体感できる未来がある。

最初から未来を予想するのではなく、今大いっぽずつ積み重ねることが大切になる。

 

まとめ

人の考え方や状況は、いつの時代の必然的に変化を伴う。

その状況の中で、正確な未来を予測できるものは誰一人としていない。

予測できないものをわざわざ予想して、自身の心を煩わせていても仕方がない。

心配するだけで状況が改善されるなら、それほど楽な事は無い。

環境を心配するより、自分の可能性を信じていこう。

見えないものを心配するより、今生きている「今」の瞬間に感謝しつつ、自分の心で幸せを味わうことが先決になる。

 

 

最後までありがとうございます!

//目次に表示非表示ボタンを表示させる