MENU

自らの心を動かすコツ【望みを叶える生き方】

f:id:mubou_rakuzi:20200822221521j:plain

今の時代のなかで、自分の心を突き動かす経験をしていきたい。自分の気持ちを感動させて、望んだ生き方を実現させる考え方を知りたい。

 

そんな悩みを解決します。

 

この記事を書いている私は、現在ブログ歴10か月ほどです。

人生論を綴るブログ記事を200本ほど書いてきました。

 

今回は自らの心を動かすコツをご紹介します。

 

人は感情の生き物なので、自分の心が感じたことを現実の行動で表現しようとします。

 

どんな経験をすることで、自分の生き方を豊かにする感動を味わえるのか。そこを自分で考えて感じていく作業が求めてられています。

 

それでは、早速ご紹介していきます。

 

 

目次

 

人の心の在り方

 

人間が抱える心は、誰ひとりとして同じではありません。

 

自分以外にも人として大事にされるべき心があることを前提に、日々の時間を過ごしていくことが必要です。

 

人の内面に宿る気持ちは目に見えるものではなく、実体として不透明なものです。

 

そのため、自分以外の人の気持ちを完全に理解できることはなく、自身の推測でしか相手の気持ちを測れません。

 

できないことを無理にコントロールせず、自分の気持ちの機微を理解しようと心がけることが賢明な選択になります。

気持ちがあってこそ人間でいられる

 

人の気持ちは定量的に計測できるものではなく、見えないことによって、初めてその存在を確かめることができます。

 

人は機械ではなく、一人ひとりが意思を持つ生き物であり、人間に感情の優劣をつける必要はどこにもありません。

 

人の気持ちに順番をつけることは不毛のことであり、それ依然に自らの心の所在と中身を確かめることが大事になります。

 

人は気持ちがあることで、人間として生きる出発となっていきます。

 

感動する経験が自分を作る

 

人は自身の感情と向き合うことで、人間として生きる希望に出会えます。

 

希望を置く場所はコインロッカーの中ではなく、自らの心です。

 

いかにして自分の心が、これから先の人生を前向きに歩めるかの鍵になります。

 

前を向ける望みを自分の心で育むために、自身の心の度量を豊かに広げることが大事になっていきます。

 

心の度量を少しずつ拡張していくために、心の成長を実感できる経験を積んでいくことが大事になります。

 

心の底から自らを感動させる体験が、人生の豊かさに繋がっていきます。

 

自分の気持ちに素直になる

 

普段の生活から、自分の気持ちに対して五感で訴えていく行動が大事になります。

 

喜び、悲しみ、怒り、楽しさと言った多様な気持ちを素直に感じて、それを自分の心の肥やしにしていこう。

 

その意識を積み重ねることで、気持ちの存在に気が付けるようになり、そこから自分がやりたいことに現実を繋げることが可能になります。

 

人の気持ちを想像だけで心配するより、身近な自分の気持ちと向き合っていくことが大切になります。

人間としての心

 

自らの気持ちを大事に扱うことで、自分が実感している本心に気が付けるようになります。

 

自分の本心をそのまま受け止め、正面から誠実に考えることが、人としての気持ちを理解するスタートになっていきます。

 

人の気持ちは正確に分類できるものではなく、個人レベルで感じることができるものです。

 

そのため、人の気持ちを一方的に決めつけることに意味はなく、未知なる部分を真剣に悩む必要はありません。

 

相手の気持ちを知ることは、自分の想像でしか考えることができず、それが相手にとっての本心であるとは限らない。

 

その事実を考慮したうえで、自分ができる人の気持ちの考え方を工夫していきましょう。

 

感情の内面を知る

 

人が抱える気持ちは、教科書のように規定されているわけじゃなく、状況によって大きく変化することがあります。

 

常に変化を前提とする心がであると、自分で理解しておくことが重要なテーマになります。

 

そのため、自分の気持ちを豊かにしたいなら、心が変化することを前提に自らの心を考えることが大事になります。

 

気持ちに誠実になる

 

自分自身の感情を知るために、人と自分の気持ちを比較しないことが大事になります。

 

人が考えたり感じたりするのことは、その人によって個性が出てくるものです。

 

それぞれの個性の相違を指摘することに満足しないで、自らの気持ちと台湾していくじかんが必要になります。

 

自身の気持ちに誠実になることで、自分の生き方を守ることに必然的に繋がっていきます。 

まとめ :自らの心を動かすコツを知り、望みを叶える生き方をしよう

人は誰でも内面に感情を抱えており、その存在と向き合うことが、人生の豊かさを確かなものにしていきます。

 

自分の感情がどんなことを求めているのか、普段から心が発する想いを自分自身で受け止めることが大事になります。

 

 

最後までありがとうございます!

 

感動の条件 あなたの一生を1時間で変える本 誰かのために生きるということ[本/雑誌] (単行本・ムック) / 永松茂久/著

価格:1,760円
(2020/8/22 22:21時点)
感想(0件)

読書に学んだライフハック??「仕事」「生活」「心」人生の質を高める25の習慣

新品価格
¥1,430から
(2020/8/22 22:22時点)

 

 

 

 

//目次に表示非表示ボタンを表示させる