MENU

時間の価値を再発見する【戻らない時間】

f:id:mubou_rakuzi:20200717074551j:plain

時間の使い方がわからない。いつも気がついたら時間だけが浪費してしまう。

時間の価値に気がつける考え方を教えてほしい。

 

そんな悩みを解決します。

 

この記事を書いている私は、現在ブログ歴10か月ほどです。

人生論を綴るブログ記事を200本ほど書いてきました。

 

今回は時間の使い方に関する考え方をご紹介します。

自分が生きている人生の中で、時間の使い方を見直すことで自分が求める人生の価値に気がつけるようになっていきます。

 

それでは、早速ご紹介していきます。

 

 

 

目次

 

 

時間があってこその人生

人の一生は、人生を過ごす時間があって初めて成立します。

もしも時間がなければ、自分がやりたいことが何一つもできず、人生があっという間に終わってしまいます。

その事実があっても、現代社会は何かと忙しさを振りかざす雰囲気に満ちています。

慌ただしく時間だけを浪費することに懸命になっており、改めて時間の大切さを考える暇がないと言っても過言ではない。

自分の今は、過ごせる時間があって生み出されている。

まずは、その事実に感謝することから、時間を見直す機会になります。

 

時間の価値を知りたい

今の世の中は、自分一人でゆっくりプライベートな時間を過ごせていない人が増えてきている。

世の中は技術の発達によって、日常生活がもの凄く便利になった半面、やらなければいけないことに忙殺させる負の連鎖反応が現代に起きている。

時間があることで、それを自分の為に使えていない現状があります。

そんな状況であっても、時間の価値を再発見することは可能です。

それは、自分自身の気持ちに正直になって生きることにヒントがあります。

 

人生の時間は永遠じゃない

自らの気持ちに正直になってみることで、自分が人生でやりたいことが明確になってきます。

自分基準でやりたいことが見つかれば、その気持ちを土台に行動していくことが大事になります。

自分が抱えている気持ちをそのまま実現させる為に、改めて時間の価値に気が付けるようになっていきます。

人に与えられた時間は永遠のようで、実は一瞬で終わりを迎えてしまう。

何となく惰性で生きていれば、人生における人生の価値も、それ相応に曖昧になっていく。

自分が過ごせる人生の時間は、決して永遠なものではありません。

始まりがあれば、終わりが必ずやってくる。

それが時間の価値を表します。

 

時間の価値を改める

永遠に続くことがない時間は、油断すると瞬間的に人生が終わってしまいます。

そうならない為に、今から時間に対する勉強と気づきを蓄積していきましょう。

時間について学ぶことで、実生活の過ごし方を有意義に過ごせるようになる。

そのハウツーは現代ならインターネットの世界にたくさんあります。

インターネットを活用し、自分にとって必要な情報を取捨選択していくことで生活を少しずつ変えることができます。

また、自らの気づきは、時間に対する捉え方を変化させるきっかけになります。

自らの主体的に時間の捉え方を見つめることで、リアルに時間の価値を知って、生産的に時間と向き合えるようになります。

 

取り戻せないものが時間である

時間の価値を知ることで、今から自分が意識できることも変わってきます。

時間の価値を知れば、自分の人生における価値観も新しい方向にシフトチェンジさせるきっかけになります。

時間はお金と違って、一度でも浪費してしまえば取り戻すことは不可能なのです。

その二度と手元に戻らない時間を、いかに意識して大切に扱えるか。

それが、まさに人生を豊かに送る為の重要なテーマになってきます。

 

限りある時間を生きている

過ぎ去った時間は、どう頑張っても戻ることはなく、残された今の時間を生きるしか方法がない。

時間は永遠に続くものじゃなく、いつか必ず終わりを迎えるものである。

その事実を受け止めることで、自分が使える時間について価値を見出せるようになります。

いま自分に残された時間のなかで、自分は何ができるのか。

そこを問い続けることで、見えてくる時間軸がある。

 

優先順位を決める

人生における優先順位を定めることで、自分の時間の使い方が明確になってきます。

限りある時間の中で、自分が本気になりたいことに、使える分の時間を投資するようにする。

そこを事前に理解すれば、必要のないことを考えないで済む。

わざわざやりたくないことに時間を時間を割くより、自分が心から大事にしたいことを選択しよう。

 

まとめ:人生において、時間の価値を大切に見直していこう

時間の価値を自分で見直すことで、これからの生き方を変えられます。

自分がどのようににして生きるか、それを今一度、自分の心に問い直していきましょう。

 

 

最後までありがとうございます!

 

//目次に表示非表示ボタンを表示させる