MENU

生きる目的を見出す考え方3選

f:id:mubou_rakuzi:20200509081728j:plain

 

 

目次

 

人それぞれに目的がある

f:id:mubou_rakuzi:20200509081741j:plain

人が今を生きる中で、何をしたいかを考える。

考える過程で、何をしたいかを明確に作ることが大切となる。

目的とは、その人が自由に設定できる権利がある。

誰かの顔色を伺って生きることを信条にするようでは、何も得られない。

それを理解することで、自分が生きる目的を考えるきっかっけになる。

きっかけは自分で気がつくものであり、他者が人生のレールを自分のために築き続けてくれるわけじゃない。

自分が生きる目的って、自分の心がいつも知っている。

生きることで沢山の不安に潰されるより、心に豊かな瞬間を沢山感じていく。

誰もが自由に生きる選択肢を選べる時代の中で、自分が本気でやりたいことを続けていく姿勢。

その姿勢があれば、自分がなぜ今を生きているかが明確になる。

いつだって、自分の気持ちが生きる目的を理解している。

 

他者と比べず自分を生かす

f:id:mubou_rakuzi:20200509081738j:plain

人生を歩んでいく過程で、生きるという壁にぶつかる。

その壁を自分で作るのも、壁を乗り越えるのも自分自身。

どういう人生を歩んでいくかを、自分自身で考えてみることが大切。

人生の進み方に正解は存在しないから、自分でこれと信じることを実感する。

その感覚でこそ、個人の幸せを自由に享受できるようになっていく。

自由のカタチに制限はないから、自分オリジナルの感覚を心の中から引き出す。

自分の心との対話を続けることで、人生の充実度を高められる。

充実の瞬間を送れれば、自然に心の幸福を実感できるようになる。

他者と自分を比較しないからこそ、自分の生きる道に自身を持てる。

 

自分の心に誠実に生きる

f:id:mubou_rakuzi:20200509081731j:plain

何を人生でやっていきたいかは、自分との問いかけで始まる。

自分でやりたいことがあれば、他者の常識や声で批判される権利はない。

自由に生きることは、その人が自然にやって良いこと。

複雑に心を混乱させるよりも、自分の心に素直になってみることが大切。

素直になった心を持つことで、今に何をすれば良いかが鮮明な輪郭となって目の前に現れる。

現代の社会や他者の存在を必要以上に意識せず、自然体の自分を生かす。

自然体で生きるには、自分の心と誠実に向き合うことが大切となる。

自分の心を知ることで、自分が本気で向き合える瞬間がやってくる。

 

まとめ

生きる目的を考える上で、自分自身との対話が非常に大切。

対話を重ねることで、必ず歩んでいく道を自分なりに発見できる。

自分という存在は自分のもの。

自分の生き方とは、自分の心がいつも知っている。

今の瞬間を納得できる時間にするために、自分は何をしたいか。

自分は本気で何をやりたいのか。

その問いを心でし続けることで、得られる感情が必ずある。

 

 

最後までありがとうございます!

 

//目次に表示非表示ボタンを表示させる