MENU

求める世界を掴む考え方【人生の希望を見つける】

f:id:mubou_rakuzi:20200915070227j:plain

自分が理想とする世界を生きる考え方が分からない。人生の豊かさを心から実感できる人生を送りたい。 




そんな悩みを解決します。


本記事の内容

・理想を実現する考え方 
・自分ができることを整理する




本記事の信頼性

この記事を書いている私は、現在ブログ歴10か月ほどです。 人生論を綴るブログ記事を300本ほど書いてきました。




今回は、求める世界を掴む考え方をご紹介します。


人の心のなかには、自分が実現したい希望があります。


どんなカタチであれ、人生に対する希望であることには変わりはありません。


その希望を実現させるためには、自分がどんな生き方をしたいのかを明確に捉えることが大事になります。


この記事を読むことで、自分が理想とする生き方を実現できるようになります。




それでは、早速ご紹介していきます。



あわせて読みたいnote
目次




自分の理想とする生き方



自身が納得できる生き方は、人それぞれで異なります。


感覚の違いを知ることで、自分が求める生き方を具体的にイメージできるようになります。


理想を実現する考え方



自分が感じたい理想があるなら、それに向かって走り続ける考え方が必要です。


その思考力は、自分がやりたいことを叶える原動力になります。


理想を実現するマインドは、下記の3つです。


理想を実現するマインド3つ
①理想を鮮明にイメージする
②信じ続れば想いは叶う
③最後の最後まで粘る




1つずつ解説します。


理想を鮮明にイメージする



自分がどんなことを叶えたい。その問いかけに対して、自分の言葉で分かりやすく説明できますか?


想像の世界だけで終わらせず、現実の次元でリアルに考えてみることが大事になります。 




何となく空想だけで夢を語っててしまうと、いかにも雑な行動しか取れなくなります。


どんな夢に向かってどの方法で目的地に到達するのかを、具体的に言葉で説明できる状態にまで持っていきましょう。


鮮明に夢を語ることで、自分がやるべきことが見えてきます。




信じ続れば想いは叶う



夢を叶えるために、自分のことを自分で信じる必要があります。


自分のことを信じられないと、自分がやることに確信が持てなくなり、中途半端な結果に終わってしまいます。




そのため、自分の理想を叶える信念を抱くことが、これからの行動を支える土台となります。


途中で投げ出すなら、それはあなたが本気でやりたいことではなかった可能性があります。


本気の想いは、継続した成長を促してくれます。 




最後の最後まで粘る



求める世界を具体的にイメージできれば、あとは行動を積み重ねるだけ。


そのシンプルな行動こそ、結果を引き出す最小で最大のエッセンスとなります。 




自ら行動を起した先に、自分が求める現実を手にできます。


行動すると覚悟を決めたなら、途中で投げ出さないことが肝となります。


実現させたい目的を果たすまで、継続することが自身にとっての希望となっていきます。



できることを整理する



自身の夢を叶えるために、現時点で自分がどんなことを積み上げられるかを明確にしておくことが大事になります。


いきなり高い目標を掲げるのではなく、今の自分だからこそできることをリストアップしていきましょう。


行動を積み上げるコツは、下記の3つです。


行動を積み上げるコツ3つ
①毎日継続する
②0.1を積み上げる意識する
③自分のペースを守る




1つずつ解説します。


毎日継続する



行動を積み上げることで、必然的に自分の可能性を広げることができるようになる。


自身の可能性が拡張されれば、自身かが手にしたい夢に手が届くようになっていきます。




行動を積み重ねた先に、自分が実現させた夢を掴めるようになります。


経験値を行動の継続で高めることで、夢に近づくための土台を仕上げることが可能になります。




0.1を積み上げる意識



行動を積み上げることで、自分が本気で求める世界を体感するチャンスに出会えるようになります。


行動する際には、行動の内容も大事ですが、まず動き出すフットワークの軽さが必要です。 




どんな内容にするかを考えてばかりつでは、行動を重ねる意義を見失うことにらなりかねません。


実際に動くことで、今の自分に不足する知識や経験の存在を再確認できます。


行動の内容や質よりも、はじめに優先すべきは現実での身をもった行動なのです。 




自分のペースを守る



行動する際には、自分自身の心身を破壊しないことに注意したいところです。


自分の心身を健全に保つことが、人生を主体的に生きていく原点となります。


人生の最大の資本である自分自身を労われないと、生きる時間に有意義さを実感することができなくなります。 




まとめ:求める世界を実現させために、理想とする生き方を体得しよう



人の意見ばかりに振り回されるより、自分の意志を明確に信じることが大事になります。


あなた自身が求める世界は、自分の心の在り方で決まるものです。


自らの心を信じることが、理想の世界を生きる原動力になります。 




今回は以上です。


あわせて読みたいnote