MENU

求める人生を手にする考え方3選

f:id:mubou_rakuzi:20200521175218j:plain

 

 

目次

 

自分が心から体感したい事は何か

f:id:mubou_rakuzi:20200521175228j:plain

周囲の人に咎められるより、自分の本心からやりたいことを見つけ出す。

自分でやりたいことを発見するのは、自分自身でいつでもやれる。

その過程にこそ、人としての自由を享受できる。

自分が本気になってやりたい事は、周りの常識や偏見とは違う。

人は一人として全く同じ人はいない。

その事実を自分で理解することが、これからの生き方を謳歌できるようになる。

どういうことをやって人生を終わりたいのか。

そこを自分自身の心と頭でじっくりと考えてみる。

その過程を経て、自分自身が納得できる人生の道を始めて歩めるようになる。

誰かの言いなりになる事はやめて、自分が求めることに実直でいよう。

 

社会に流されない

f:id:mubou_rakuzi:20200521175224j:plain

現代社会が掲げる「すべき論」に自分を無理矢理当てはめなくて良い。

社会で生きる人は人それぞれで、その人にしか理解できない世界観を持っている。

その世界は個人個人で尊重されるものであり、他者が他人の生き方にとやかく口を出す権利はない。

相手の生き方を変えようと必死になるより、まず自分の今を真剣に見つめ直す。

その心の余裕を失わないことで、今の社会に食することなく、自分の生き方に自信を持てる。

社会の流れに流されても、何一つ良い事は無い。

そのような生き方をしても、結局は自分の競技を環境のせいにする。

責任を何かに転嫁しても現実は一切変わらない。

 

自分の心を信じきる

f:id:mubou_rakuzi:20200521175221j:plain

自分が心からやりたいことを自分でやり切る。

自身の心に正直になっていける事は、本音で生きる自分と出会えるようになる。

本音で生きないと、自分の心を嘘で塗り固めるようになってしまう。

それだと自分の生き方に息苦しさを感じるようになり、これから先の人生をワクワクした気持ちで送る事はできない。

誰かにすがることに生きがいを見出さないで、自分で道を切り開く覚悟が大切になる。

自分の心を信じることで、これからの自分のあり方を見直せるようになっていく。

自分を信じられるのは、自分自身の存在にしかない。

 

まとめ

自分が求める人生を生きるには、自分自身をまっすぐに信じきることが必須になる。

自分を信じる事は、今からでもできる。

世の中を悲観して悲しむばかりではなく、ちょっとでも良いから未来を見据えた行動をとっていく。

その積み重ねでこそ、人は自分が求める世界にたどり着ける。

自分ならできる、そう五感で願い続けることが自分の夢をつかむ最初の一歩になる。

 

最後までありがとうございます!

 

//目次に表示非表示ボタンを表示させる