MENU

この世界の矛盾を楽しむ【自分が生きる心】

f:id:mubou_rakuzi:20200815184826j:plain

いまの世界を生きていて、社会の矛盾を感じて生きづらさを感じてしまう。その状況の中で、世の中に存在する矛盾を楽しめる心の在り方を知りたい。

 

そんな悩みを解決します。

 

この記事を書いている私は、現在ブログ歴10か月ほどです。

人生論を綴るブログ記事を200本ほど書いてきました。

 

今回は世界の矛盾を楽しむ考え方をご紹介します。

 

この世の中は多様な人が生活しており、色々な価値観が存在しています。

 

その正解がない社会のなかで、矛盾した出来事を前向きに解釈することが自分らしく生きるきっかけになります。

 

それでは、早速ご紹介していきます。

 

note.com

 

目次 

 

 世界の矛盾

自分が生きる世界には様々な人の想いが存在しており、どれが絶対的な価値観であることかの判断は自分が信じるしかないです。

 

世界は沢山の人がお互いに暮らしており、その共存意識が今日の現代を支えています。

 

しかし、価値観が実に多様過ぎて、人が相互的に生きていく意識が薄れてきました。

 

そして同時に、人それぞれで思いがすれ違う場面も増えてきました。

 

その状況の中で、人が社会に抱える矛盾を受けて止めることが大事になります。

人の価値観の相違

現代社会を生きていくなかで、日常の中から世界の矛盾の実感を体感する瞬間があるはず。

 

その瞬間のなかで、自分のことだけを正しいと過信していれば、人との価値観の違いを正面から受け止めることができなくなります。

 

自分が考える価値観には正解がなく、どんな選択であっても、その選択がその人の価値観を自由に創造してくれます。

 

そのため、他者が感じている感覚を否定することなく、多様な考え方をそっと受け止める寛容さが、これからの時代に求めてられてきます。

 

お互いの感覚は違う

人の感覚はみんな違うからこそ、自由な発想が生まれるわけであり、均一化された考え方だけでは社会の可能性がしぼんでしまいます。

 

そのため、この世界に存在する感覚には、その価値があり、同時に存在理由となります。

 

他者の考え方と自分の考え方が違っていても、それをマイナスに捉える必要はなく、今の現状をより豊かに進めるキッカケになり得ます。

 

そのように自分の考えだけを正義だと思わず、自分でもっと世の中を広く見つめる視点が大事になります。

 

違いをどう解釈するか

この世界で生きることは、ひとつの感覚に支配されることなく、人それぞれの価値観をじっくりと受け止めることが大切になります。

 

はじめから他者の意見を否定することなく、その意見の本質を見極めようとする姿勢を持つことが必要になります。

 

表面的な情報だけで物事の価値を決めることなく、何が今の状況にとって求められていることなのかを判断していくチカラが身に着けていこう。

 

それが、この世界の矛盾を楽しめるキッカケになっていきます。

矛盾が自分を生かす

現代社会を生きていくなかで、数多くの矛盾に遭遇する瞬間があるかもしれません。

 

この世界には、みんなが平等に過ごせるための法律は整備されていないのです。

 

たとえ、その法律があったとしても、社会全体のバランスが次第に崩壊するようになります。

 

整合性が存在しない世の中であるから、自分自身の頭をフル活用して物事を真剣に考える必要があるのです。

 

世の中に期待をかけても、その希望がそのまま実現されるとは限らないのが現実。

 

その現実を嘆いてばかりじゃなく、自らの思考を働かせて人生を生きる覚悟を持つことが大事になります。

 

違うことが前提

人と違う考え方があれば、それに自信を持つことが非常に大切になります。

 

人間は誰一人として同じ人間はいないわけであって、それをなげき悲しむ必要はないです。

 

むしろ、その現実を正面から受け止めることで、見えてくる光があります。

 

暗闇から自分に向けて発せられる光は、自分がこれからどうやって生きていくかの道標となってくれます。

 

社会の空気に流されるだけじゃなく、自分の意志を信頼することが矛盾を楽しむ希望になります。

 

多様な価値観を楽しむ

自分の価値観を無理に他者の目線に合わせる必要はどこにもなく、自分が信じる選択に誇りを持って生きていこう。

 

その純粋な覚悟が、世界に存在している多様な価値観を受け止めるための武器になります。

 

その武器の存在に気が付けるのは、誰でもなく、自らの感性がものを言います。

 

自分だけの殻に閉じこもるばかりじゃなく、もっと広い世界の現状に視線を向けていこう。

 

世の中を構成している価値観の存在を理解できれば、そこから自分の人生は求める方向に進んでいきます。

まとめ:矛盾を楽しむことで、自分の心の幅を豊かにしよう

今回は世界の矛盾を持つ楽しむ考え方をご紹介しました。

 

自分が普段からどんなことを考えて感じているかを知ることが、矛盾だらけの世の中を楽しむコツです。

 

人生の視野が狭くて現実だけしか見えないなら、自分以外の世界を積極的に体感していこう。

 

矛盾を楽しめることが、自分の人生の豊かさを決めてくれます。

 

最後までありがとうございます!

 

note.com

 

自己矛盾劇場 ?「知ってる・見えてる・正しいつもり」を考察する

新品価格
¥1,980から
(2020/8/15 18:58時点)

 

だから政治家になった。矛盾だらけの世の中で正論を叫ぶ【電子書籍】[ 中谷 一馬 ]

価格:968円
(2020/8/15 19:00時点)
感想(0件)

 

//目次に表示非表示ボタンを表示させる