MENU

納得した人生を送るコツ3選

f:id:mubou_rakuzi:20200504202257j:plain

 

 

 目次

 

何をやりたいか考える

f:id:mubou_rakuzi:20200504202301j:plain

どんなことをやりたいのか。

その瞬間に。

瞬間の積み重ねでこそ、人生は生まれる。

やってみたいことをやりきること。

人間は宇宙規模で見ると、鼻くそみたいな存在。

だから、悩みすぎるのは健康に良くない。

悩みは人生を豊かにするための一部ではあります。

否定するつもりはなく、何をやりたいかにフォーカスして人生を考える。

究極的には、毎日好きなことだけやって生きること。

自分が何をしたいか。

それを向き合うことで納得の人生が見えてくる。

 

嫌いなことはやらない

f:id:mubou_rakuzi:20200504202305j:plain

好きなことはもちろん、人生の時間を豊かなものにしてくれる。

嫌いなことは、心を消耗させるだけ。

何か得になる瞬間はないし、疲れを獲得するだけ。

嫌いでしょーがないことに情熱を捧げるより、自分が興味あることに関心を持ち続ける方が簡単。

楽だし結果もすぐに出やすい。

これからの時代は、嫌なことを渋々やることは終わり。

自分で決めた楽しみを自らの手で作っていけるように。

 

やらないで後悔することをやる

f:id:mubou_rakuzi:20200504202252j:plain

人生の時間は本当に短い。

すぐに人生は終わる。

それを認識できている人は、時間を大切に日々を生きる。

逆にできていない人は、時間の感覚を忘れてしまう。

どんなことであっても、時間の中で自分をコントロールできる。

コントロールするのは、あくまで主体的な自分であることが条件。

人が後悔するのは、やらなかった時。

失敗することを恐れないで、自分が信じた好きなことをやる。

そのシンプルさが人生を変えてくれる。

人が生まれて最期を迎えるまで、あっという間に過ぎ去る。

時間は限られているから、何をやるかで人生の充実度は違ってくる。

何を感覚として大切にするか。

その自分軸を確立させておくことで、人生を豊かにするきっかけを得られる。

短い人生であることを前提として、豊かで楽しむ時間を知る。

  

まとめ

納得の人生を生きるのは誰か。

それを今もう一度考えてみる。

その答えは実にシンプル。

生きるのは自分自身。

自分が生きていく中で、後悔のない人生を送る喜びを。

それをじっくりと考えてみたいところですね

 

 

最後までありがとうございます!

 

//目次に表示非表示ボタンを表示させる