MENU

【お金】これからを生きていく心配を解決する方法

f:id:mubou_rakuzi:20200712120428j:plain

現代社会を生きていくなかで、お金の不安がつきまとっている。生きる為に必要なお金の考え方を把握することで、今後の人生を心配なく自由に暮らしたい。お金の不安を解決する方法を教えてほしい。

 

そんな悩みを解決します。

 

この記事を書いている私は、現在ブログ歴10か月ほどです。

人生論を綴るブログ記事を200本ほど書いてきました。

 

今回はお金の心配をしない為に、自分にとって必要なお金の価値を捉える考え方を紹介します。

人生にお金の存在は必要不可欠ですが、それだけに縛られては本当の自由になれません。

お金に対する意識を変えることで、心を穏やかにこれからを生きていけるようになります。

 

それでは、早速ご紹介していきます。

 

 

 

目次

 

 

お金と人生の関係性とは?

人生を過ごす中で、お金と自分の関係は人生が終わるまで続いていくもの。

自分自身がお金とどのように関わっていくのか。

その問いに対する答えは人によって違ってきますが、自分自身で信じることを大事にしていく習慣が大切になります。

お金があることで生きるために必要なことに、お金を使って投資することができる。

ただ、お金は生きるための手段に過ぎないことを理解しておこう。

 

生きる上でお金の不安を解消する

お金に関する悩みを抱えるときは、未来に対する不安を抱えているケースが多い。

今の時間軸であれば、お金を使う部分をある程度予測できるため、心に負担となる心配をかける必要はありません。

これからの未来は、決して目に見えるものではないので、お金の使いどころが具体的に想像しがたいものです。

これからのお金の悩みを解決するには、きたるべき未来がどのような状況にあっても、それを楽しめる「ゆとり」を作っていくことが大事になります。

 

お金にとらわれない生き方を体現する

これからの未来をイメージする時、自分が関わるライフステージの変化について考えてみる。

就職、結婚、出産、老後など、あらゆることを考えることができる。

いろいろな状況に遭遇しても、その場面を納得して生きられるよう、今から自分ができることを準備していこう。

今の自分ができることを着実に取り組んでいれば、お金だけに心を支配されなくて済むようになる。

 

必要なお金だけで人生を自由に生きる

お金とは、自分が生きる方法の1つになります。

人生はお金だけで成立しているわけじゃなく、人間が感じる多様な感覚と感性で成り立っています。

そのように、生きる本質を知ることが、お金に悩まない生き方の第一歩になる。

自分が何にお金を使えば、これ以上ない幸せを感じるのか。

その自分自身に対する問い続けた先に、人生を豊かに生きるきっかけに出会います。

 

今のライフスタイルを見直す

自分が暮らしている状況を、自分で客観的に見つめてみる。

そうすることで、自分が何にお金を使って、どんなことに喜びを見出しているのかが見えてきます。

自分の生き方を振り返ることが、お金の使い方を客観的に把握することができます。

その意識を繰り返すことで、本当に必要なことだけにお金を投資する感覚を身につけられる。

見えない未来で不安になるより、自分の今を見つめていきましょう。

 

お金以上の価値を日常で発見する

自分がお金にとらわれている心は、目の前のお金に執着している瞬間に現れる。

人生には知らない面白いことがまだまだ溢れています。

それらに自ら触れてることで、自分が幸せを感じる引き出しを増やせるようになります。

目の前の事しか見えていなければ、お金に心が支配されてしまうのも当然の結果である。

広い世界に関心を向け続けることで、お金から解放された自由な時間を手にすることができます。

 

幸せのために自分ができること

自分の幸せのために、自分ができる事は一体何なのか。

その問いを継続することで、自分が求める理想の幸せを体感できるようになります。

生きる事は自身の幸せを実現することであり、それを可能にするコツは、自分の行動と考え方にある。

これからの生き方を豊かにするために、お金だけじゃない、自分を豊かにさせてくれる経験を愛していきましょう。

 

まとめ:必要なお金の価値を理解して、人生を自由に生きよう

今回はこれからを人生で生まれくるお金の心配を解決する方法をご紹介してきました。

目の前のお金だけに執着せず、多様な視点で興味関心を広げていくことで、お金に縛られない自由な生き方を実現できるようになります。

お金に執着せずとらわれず、自分の自由な人生に向かって歩んでいきましょう。

 

 

最後までありがとうございます!

 

//目次に表示非表示ボタンを表示させる