MENU

お金のために生きることに喜びはあるのか【 どう生きたいかのかを問う】

f:id:mubou_rakuzi:20201028075918j:plain

日常からお金の心配に人生の時間を取られている。自分の人生のなかで、本当に大切なことに時間を使えるようにしたい。    

 
そんな悩みを解決します。


本記事の内容

・お金は人生の主役ではない
・自分がやりたいことで人生を埋める




本記事の信頼性

この記事を書いている私は、現在ブログ歴10か月ほどです。 人生論を綴るブログ記事を300本ほど書いてきました。




今回は、お金のために生きることに疑問を投げかけてみます。


人は生きるなかで、喜怒哀楽の瞬間を積み重ねていくものです。


その経験を積み重ねることで、その人としての生きがいが創出されるようになります。


人が生きる理由は存在しませんが、お金だけが人生の目的ではないことに気がつくことが大切です。


この記事を読むことで、人生で本当に大事なことにまっすぐに向き合えるようになります。 

 


それでは、早速ご紹介していきます。





あなたの人生のカタチ


自分が生きたい人生のカタチは、理想と思えるものですか。


世の中を俯瞰して眺めることで、自分が生きる道を知ることができるようになります。


そのなかで、人生で大切にすべきことは、お金だけじゃないことに気がつく瞬間が訪れるものです。

 


あわせて読みたいnote



お金は人生の主役ではない


生きることに、お金があることは人生を安心して生きるひとつの材料になります。


その材料を集めることに満足していると、それがいつのまにか自分の生きる道だと勘違いしてしまいます。 




お金だけが人生の全てではないと、自分から積極的に知ることが大切になっていきます。


人生の主役はお金ではなく、あなた自身であることを自覚することが大事になります。


お金は人生の主役ではない理由は、下記の3つです。


お金は人生の主役ではない理由3つ
①人生は自分の感情次第
②自分が生きたい道が人生になる
③お金は行動の選択肢である 




1つずつご紹介します。




人生は自分の感情次第


自分の人生を生きることは、自分ができることに集中することです。


何かに意識をさらわれていると、自分が実現させたい生き方を達成させることができなくなります。 




お金だけに意識を囚われるよりも、自分の心が求めることを素直に表現することを大事にしていきましょう。


お金があなたの人生を方向づけるものではなく、ひとつの価値観に過ぎないことを理解する必要があります。


お金だけで測れない、自分の心を大事にしていく土台を日常から整えていきたいものです。 

 


自分が生きたい道が人生になる


自分がどんな人生を歩みたいのか、そこを明確にすることが揺るぎない生き方を体現することになります。


お金だけに気持ちが囚われているなら、その時点で人生の方向性を見失っている状態です。




曖昧な生き方を選択しても、そこから得られる喜びは微々たるものです。


自分がどんな生き方をすれば、自分を喜ばせることにつながるのか。


その思考を積み重ねることが、お金に執着しない自分の生き方を叶える原点になります。

 


お金は行動の選択肢である


お金だけに意識を支配されていても、そこから得られる幸せは少なくなります。


自分が何を求めたいのか。


お金というリミッターを外した瞬間に、自分が求めたい生き方を実現できるようになります。   




お金というひとつの選択肢だけで自分を苦しめることなく、行動するための一要因であることを知ることが大事になります。


自分が本当に成し遂げたいことは、お金じゃない自身の感情にヒントがあるものです。 

 


自分がやりたいことで人生を埋める


お金だけが人生の全てではなく、世界には自分がやりたいことで溢れてます。


その事実に自分から気がつけないからこそ、お金に心が執着することになってしまいます。  




お金だけに人生の喜びを見出すことなく、自分が本当にやりたいことで人生の時間を経験する喜びを実感していきましょう。


やりたいことで人生を埋める考え方は、下記の3つです。


やりたいことで人生を埋める考え方3つ
①やりたいことに時間を没頭させる
②やりたくないことを捨てる
③自分からの行動を変える  




1つずつご説明します。




やりたいことに時間を没頭する


自分がやりたいことは、お金の呪縛から解放されるきっかけとなります。


お金に執着する時には、自分が本当に大事にしたい存在に気がつけていないことに原因があります。   




お金に執着しないで、もっと現実の世界の広さを感じることが大事になります。


自分が熱中できることで時間を没頭させることで、自分が生きる道を確立させることができるようになります。


曖昧に時間を消費することなく、自分が大事にしたいことで人生を生きる覚悟を決めていきましょう。   

 


やりたくないことを捨てる


自分がやりたくないことに時間を使っていても、自分の心を欺くことになりかねないです。


やりたくもない仕事に執着していても、そこから先の成長を自分から実感することはできません。


お金だけに人生を捧げるだけの人生では、中身のない薄い生き方となります。 




生き方に中身が伴わないなら、それはリアルに生きていると言えるのでしょうか。


中途半端な信念では、お金に頼らざるを得ない人生にしかなりません。


やりたくないことで人生を過ごすより、自分が本気で生きたい道を自分に示すことが大事になります。    

 


自分からの行動を変える


お金のためだけに生きていると、自分の生きがいを簡単に見失うことになります。


資本主義の風潮に何の疑問を持たず、現状に戸惑っているだけでは、お金に対する信仰心を捨てることができません。 




世間一般の声だけに自分を従わせることなく、お金だけに囚われない自分の心を素直に表現していきましょう。


やりたいことがあるなら、それだけに集中する生き方だけを考えていくことが大切です。    

 




まとめ:お金は人生の中心ではなく、自分の信念を大事にしていこう


今回は、お金のために生きることの疑問を書いてみました。


お金があるからそこ、人は自分がやりたいことができる事実もあります。


ただ、それだけが人生の真実だと勘違いしている場合ではないのです。


お金は人生を生きるための最大の目的ではなく、生きる1つの手段であることを自覚することが大事になります。


今回は以上です。

あわせて読みたいnote

//目次に表示非表示ボタンを表示させる