MENU

お金との向き合い方を心配しない考え方3選

f:id:mubou_rakuzi:20200627163606j:plain

お金との向き合い方が分からない。

 

そんな悩みを解決します。

 

 

 

目次

お金の使い方を考える

お金が人生の全てではない

どう生きるかが大切

 

お金の使い方を考える

現代社会では資本主義が蔓延しており、お金の価値が絶対的な存在として崇められる傾向がある。

お金によってその人の人生を評論する風潮が、この世の中にはある。

お金と言う指標は、いつでも目に見えるものである。

そのわかりやすい基準だけを信じていれば、人生で大切なことを見誤る。

人生で大事な事は、お金だけで測られるものではない。

目には見えないことにこそ、その人が人生で大事に守りたい事が秘められている。

その事実と向き合うことが、自分が理想とするお金の使い方を学ぶチャンスとなる。

そのチャンスは誰かが教えてくれるものではなく、自分の意思で掴み取るものである。

お金の使い方を知ることが、その人の幸せをより確かなものにする。

 

お金が人生の全てではない

自分が所有するお金を、どういった場面で投資するか。

その行動によって、自分自身の幸せさが変わってくる。

目の前のことに逃避することばかり心を奪われていれば、お金が持つ価値を台無しにするだけになる。

目先のことに執着していれば、必然的にお金に対しても無頓着になる。

お金は方法にしか過ぎないので、どう使いこなすかが大切になってくる。

自分の幸せのためにお金を使う事は、未来志向の意識を持つことが欠かせない。

長期的な視点に立って、自分の未来に対してお金を使う。

常に視覚だけで測れない価値を創造することが、お金の賢い使い方につながっていく。

人生は、直接目で見えない事の方が大事なケースがある。

その人生の本質にお金を使えるか、それがその人の幸福さを最も左右する。

 

どう生きるかが大切

お金に縛られる以上に、自分がどうやって生きていくかが大事となる。

お金と言う狭い基準で考えず、自分の可能性に着目し続ける。

その姿勢を継続することが、お金に執着しない自由な生き方につながっていく。

お金に縛られた人生は、必ずどこかで窮屈さを感じるもの。

人生の窮屈さを感じないためには、自分の心を豊かにする工夫が外せない。

どういう生き方に自分の幸せを感じられるか。

その問いかけを継続することが、自分が求める現実を引き寄せてくれる。

人生はお金が全てではないからこそ、自分の幸せに自分で気がつくことが大事になる。

 

まとめ

お金の存在と価値を見直す事は、自分自身の人生を見直すことにつながる。

人が生きる事は、自分の幸せを実現させることに本質がある。

どういったことに自分は幸福さを心で感じるのか。

自分自身への問いかけを、常日頃から実践していこう。

その積み重ねの先に、お金と自分自身との上手な付き合い方が見えてくる。

 

 

最後までありがとうございます!

 

//目次に表示非表示ボタンを表示させる