MENU

想いを表現する自分になる【誠実に生きる】

f:id:mubou_rakuzi:20200917211435j:plain

自分が感じている気持ちをどう表現すれば、自分が幸せを実感できるのか。自己表現する考え方を知りたい。  




そんな悩みを解決します。


本記事の内容

・自分の気持ちを表現する考え方
・自分が大事にしたい生き方




本記事の信頼性

この記事を書いている私は、現在ブログ歴10か月ほどです。 人生論を綴るブログ記事を300本ほど書いてきました。




今回は、想いを表現する自分でいる考え方をご紹介します。


自分が普段の生活で感じていることは、そのまま現実のものになります。


人の気持ちは誰にも見えるものではなく、自分の感覚を信じることに目を向ける姿勢が大事です。


この記事を読むことで、自分自身で自らの想いを受け止める勇気を持てるようになります。  







あわせて読みたいnote


それでは、早速ご紹介していきます。


目次




自分を含めた人の心


人は自分の気持ちを感じることで、自身の行動を決めています。


人生で確実に幸せを感じられる生き方はないので、実際に行動して感覚を検証していくことが大事になります。 




自分の気持ちを表現していく


人の心を知る前に、まず自分の気持ちを整理する作業が必要になります。


日常から自分の心の動きを知ることか、これからの人生を主体的に生きていく原動力になります。


自身の心の動きを知るコツは、下記の3つです。


自身の心の動きを知るコツ3つ
①本気で興味があること
②心の機微を感じる
③自分の理想とする気持ち




1つずつ解説します。


本気で興味があること


自分の人生を生きていくなかで、どんな気持ちを抱えているのかを把握することが必要です。


どの生き方を選ぶにしても、自身が本当に納得できる道を選択することが大事になります。


自分を生かすうえで、どんなことに自分は興味関心があるかを深く理解することが求められます。




自分がやりたいことが発見できれば、それに夢中になれます。


夢中になった瞬間が、自身を心を自由に解放している時間となります。  




心の機微を感じる


自分の心と向き合うことで、自分がどんなことで感動するのかパターンを把握していこう。


良いことでも、悪いことであっても、気持ちが動いていることは事実としてあります。  




日常のなかで、自分の心がどんなことで揺れるのかを知っておくことで、自分がどんな表現をすれば良いのかが見えてきます。


自らの心の機微を知ることで、自身の心が何を求めているのかを理解できるようになります。




自分の理想とする気持ち


自分の心に対する問いかけをするなかで、どんな思考で物事を考えているかが分かるようになります。 




自身が生きているなかで、自分がどんなことを成し遂げたいのか。


その目的地を明確にすることが、自身の本心に蓋をしないで、自由に今を謳歌するキッカケになります。


誰かと自分の気持ちを比較することなく、自分がいちばん大事にするものを忘れてはいけません。 





大事にしたい生き方


今の人生を生きていくなかで、自分がどんな生き方を目指していくかは、その個人の想いによって委ねられています。


その状況であっても、自分が実現させたいく人生を思い描くことは大事です。


人生で大事にしたい生き方に気がつくコツは、下記の3つです。


自分の生き方に気がつくコツ3つ
①他者に依存しない目的を知る  
②自分の人生を確立する
③心を萎縮させない




1つずつご説明します。


他者に依存しない生き方を知る


自分が生きていくことは、誰かに依存することではなく、自身の決断で選び取っていくことを意味します。


人に頼りきっていると、自分の力を発揮する機会を失ってしまいます。 




協力を仰ぐことも時には必要ですが、自分の力で物事を深い次元で考えたり、実際に行動していくことが大事になります。


考えて行動するサイクルを循環させることで、自分を信じる力を養うことが可能になります。 




自分の人生を確立する


社会や環境のせいにしていても、現状が変わることはありません。


不安になっても何も変わることがないなら、そもそも悩むことに意義を感じることはできません。 




自分がどうやって生きていきたいかを、自分との対話を積み重ねていこう。


自分の声を聴くことで、自分の人生を豊かにするきっかけを確実に積み上げることができます。


自らが生きる道を決めることで、自分の信念を信じることにつながっていきます。




心を萎縮させない


この世界で生きていくことは、自分が心で感じていることを自由に発信することです。


この世界に自分と同じ人間は一人もいないため、今の自分自身の決断に自信を持つ必要性があります。 




そのため、世間から浴びせられる常識や評価の声を遮断する決断も必要になります。


情報を何でも集めようとすれば、自分を後ろ向きにさせる余計な情報に出会ってしまい、自身の気持ちがいつの間にか委縮していきます。


心を委縮することなく、自分が信じる生き方を思いのままに表現することを楽しむ心が大事になります。




まとめ:自分の想いを表現することで、自分を誠実に生かしていこう


今回は、自分の想いを人生で表現する考え方をご紹介しました。


人間は誰でも心があります。


その心を表現することで、自分がこの世界で生きている実感を得られるようになります。


その心のカタチは、人それぞれ違うので、自分が信じたい心を制限するしたいで表現していくことが大事になります。 




今回は以上です。


あわせて読みたいnote

//目次に表示非表示ボタンを表示させる