MENU

コミュニケーションを最大に楽しむ考え方3選

f:id:mubou_rakuzi:20200612205906j:plain

コミュニケーションが地獄でしか感じられない。

 

そんな悩みを解決します。

 

 

 目次

 

自分が正しいと思わない

人が生きていく中で、人それぞれに自分が信じる価値観がある。

それと同時に、自分が感じる正しさは人それぞれ違う。

他者の価値観を根っこから否定するより、初めから人それぞれの正しさがあることを認識しよう。

自分自身と全員が同じ考えでいる事は、空想にしかない。

世界中の人が、自分と同じ考えに同調する可能性は無い。

そもそも、人はみんな感じ方が全く違う。

みんな違う感覚を持つからこそ、今の社会が作られている。

違いがあるから、この世の中は楽しいことで溢れている。

その事実を受け止めることが、自分の生き方に自信を持てるようになる。

 

自分の考えは他者に通用しない

自分だけの考えは、相手に通用する保証はどこにもない。

自分の考えは自分だけが知り得るものであり、相手は相手で全く違う考え方を持つ。

そこで相手の考え方を自分の考え方にするのではなく、相手の考え方をそのまま受け止めよう。

世の中には、常に多様な価値観で溢れている。

その多様性を主体的に受け入れることが、自分の考え方に絶望してストレスを感じない生き方になる。

誰かと比較することで、自分の苦しみをますます増大させていく。

人と比較しないで、自分の生き方を大切に守っていこう。

自分の考えはあくまで自分自身のものであり、誰かの顔色を伺うことが自分の人生ではない。

 

人にはその人の価値観がある

人には、その人なりの世界がある。

その世界を否定したところで、ただ軋轢だけが生まれる。

軋轢が生じれば、そこから総合的な信頼関係を育むことは非常に難しい。

難しいことばかりに意識を向けないで、自分ができることをにだけ集中していこう。

思考をシンプルに捉えることで、自分ができることに気がつけるようになる。

他者の価値観を尊重する姿勢が、自分自身にとって行きやすい人生を作れるようになる。

他社に圧力をかけて、自分自身にとって有利になるようにコントロールしなくて良い。

コントロールしようとしても、相手は相手。

自分がどう頑張ったって、相手は自分のコピーにはならない。

その事実を自分自身で理解することから、相手との豊かなコミニケーションを体感できる。

 

まとめ

コミニケーションの本質を知る事は、自分らしい生き方を実現できる。

自分と人は感覚的に違うと言うことを、自分の中で整理して考え抜く。

それを積み重ねた先に、人を人として受け入れられるようになる。

自分と同じ人はいないと言うことを、まずは知ろう。

 

 

最後までありがとうございます!

 

//目次に表示非表示ボタンを表示させる