MENU

人生の選択を楽しむ  【選択の流儀】

f:id:mubou_rakuzi:20200724185011j:plain

人生をどのように選択することの意義が分からない。そんな状況において、自分の選択に自信を持つ考え方を知りたい。 

 

そんな悩みを解決します。

 

この記事を書いている私は、現在ブログ歴10か月ほどです。

人生論を綴るブログ記事を200本ほど書いてきました。

 

今回は、人生の選択を後悔しない勇気ある考え方についてご紹介します。

自分ができる選択に自信を持ち、自分の人生を大事にすることで、自らの挑戦を支えてくれるようになります。

 

それでは、早速ご紹介していきます。

 

 

 

目次

 

選択の意義

自分の人生は、自分の決断があってこそ選び取れます。

今という時代を生きていくには、みずからがどういった人生を歩んでいきたいか。

その行動の意思を持つことが、自分の生き方を作りあげていきます。

その人の人生は、その人の選択する力で決まってくる。

 

その生きる到達点

生き方を選び取るには、自分のことを信じていくことが大事になる。

進む人生には、その人がならではの幸せが宿っている。

人は幸せを実現するために、自分の到達すべき場所を考えるもの。 

その場所を自分が生きる経験から、自分の目的地を明確に捉えることが大事になります。

 

人生は選択の積み上げ

自分自身が生きていくため、夢に出て向かっていく目的を決める必要がある。

その必要性とは、社会や他者が持つ軸に従うより、自分が選択することを信じていこう。

自分の気持ちを知ることが、自分の選択力を育てるチャンスになっていきます。

自らが選択するには、自分の気持ちに純粋になることから始まる。

 

どんな人生も選べる

自分が選択する幅を広げることで、いかなることにも勇気を持って判断可能になります。

自信ある判断をするために、自分の気持ちに気がつくことが最も必要です。 

そことから、自分が歩む道のりをハッキリと想定できるようになっていく。

道のりが明らかになれば、自分がやりたいことを正直に選べるようになります。

 

自身の基準をもつ

自分の人生を選ぶには、自分がやりたいことをハッキリと自分で把握することが大事になる。

そこを自分で決めることで、自分がやりたいことが見えてくる。

自身が行動するための指針は、自らの選択の質に左右されてきます。

人生の選択を積み上げていくために、自分ができることに力を入れていくことが大事なポイントになります。

社会ではなく、自分自身が何をやりたいのか。

そのブレない心が、自分の選択する力と幅を広げることができます。

 

選ぶのは自分

人生の生き方を決めるのは、自らの選択が必須になります。

自分が選ぶ力を養うことは、自分の生き方をじっくり考えて実行していくことを意味します。

その選択力を磨くために、自分自身の気持ちに沿って、生きる責任者を果たしていく姿勢が問われてくる。

責任を人に委ねてばかりで、責任から逃げてばかりでは、何も選ぶことはできない。

自分がやりたいことに気がつき、選択する自由と責任を果たしていこう。

 

自分の軸

選択するには、自分の意思を明確にしておくことが大事となる。

人生で自らの心が何を求め、どんなことを経験したいのか。

その感覚の存在を知ることから、自分の軸を少しずつ固めることができます。

自らの生き方は自分の軸、すなわち選択する力で決まっていきます。

日頃から自分のことを振り返り、何を選びたいのかを知ることを意識していこう。

 

自分が信じられること

人生を生きていくなかで、自分の選択力を大事にしていこう。

自分自身の感覚を明確に知ることで、自らの声に耳を傾けていく姿勢が大事になってくる。

誰かに依存することなく、自分の選択を信じていこう。

その積み上げの先に、自分の生きる力を大切に育めるようになります。

そのように自らが信じることが、人生に納得感と充実感を与えくれる。

 

まとめ:人生の選択に自信を持ち、理想の生き方を実現させよう

自分が生きるなかで、どんなことを優先させたいか。

その問いかけを深めることが、自分の選択に可能性を持てるようになります。

今回ご紹介した人生の選択に関する考え方を知り、自分の理想を叶えていってくださいね。

 

 

最後までありがとうございます!

 

後悔しない超選択術

新品価格
¥1,247から
(2020/7/24 18:52時点)

//目次に表示非表示ボタンを表示させる