自分にとっての幸せに気づく考え方 【幸せの概念は人それぞれ】

社会の状況に流されてしまい、自身の幸せに集中できない。他者の価値観に翻弄されず、求める幸せに気づきたい。   



そんな悩みを解決します。


本記事の内容

自分にとっての幸せに気づく考え方




本記事の信頼性

この記事を書いている私は、現在ブログ歴10か月ほどです。 人生論を綴るブログ記事を300本ほど書いてきました。




今回は、自分にとっての幸せに気づく考え方をご紹介します。


他者が考える幸せと自身が考える幸せは、完全に一致しないと自覚することが大切です。


多数派の意見に同調せずに、ありたい自分の心に誠実になりましょう。


この記事を読むことで、自分にとっての幸せに気づく考え方を知ることができます。 




それでは、早速ご紹介していきます。

あわせて読みたいnote




幸福に正解はない


現代社会が信じている価値観に、自身を強引に当てはめらることには限界があります。


周囲が考えることに迎合せずに、自由に幸せを自己表現することが大切です。


今日の自分が求める幸せに、誠実に向き合っていきましょう。  






自身の幸せを信じる


不特定多数の意見を過大に評価していれば、自分が求める人生に嘘を重ねることになってしまいます。


最大公約の幸せを自身に背負わせず、純粋に求める幸せを探求することが大切です。 




漠然とした雰囲気に合わせず、ありたい幸せに集中していきましょう。


自分にとっての幸せに気づく考え方は、下記の3つです。


自分にとっての幸せに気づく考え方 

  1. 社会の物差しは不完全
  2. 幸せに基準はない
  3. 選びたい幸せに向き合う


 

ひとつずつご説明します。




社会の物差しは不完全


自分自身が何を求めているか、心に問いかけることが大事になります。


周囲に対する同調を強めても、本来の心を喪失してしまいます。 




社会的な評価に怯えず、自分が追求する姿勢を抱き続けていく。


自分自身の幸せに、日常から向き合っていきましょう。 






幸せに基準はない


限られた人生を生きるなかで、日々を過ごしても味気ない時間になってしまいます。


世の中の価値観に迎合して、思考を停止しても始まる人生はありません。  




狭い価値観だけで幸せを捉えず、幅広い視点から幸福について考えていく。


世間一般の常識にしがみつかず、選びたい幸せを自分なりに明確にしていきましょう。 






選びたい幸せに向き合う


現代社会に自身の幸せを叶えてほしいと願っても、自分を幸せに導くことはありません。


非現実的な空想にふける時間を、今日にある現実を見つめる方向にシフトする必要があります。  




与えられた情報のに固執せず、実現したい人生を信じていく。


落ち着いた視点を持って、自分自身を幸せにしていこう。  






まとめ:自分にとっての幸せに気づいて、有意義な時間を生きていこう


今回は、自分にとっての幸せに気づく考え方をご紹介しました。


他者の価値観に引っ張られても、自身の価値観が不安定に揺れてしまいます。


自分自身がありたい状態を、責任転嫁を使って見えないようにする必要はありません。 




真っ直ぐな視線を持って、本当に求めるのは幸せに気づいていきましょう。


今回は以上です。

あわせて読みたいnote