MENU

未来の心配を破壊する考え方【進んでいく未来】

f:id:mubou_rakuzi:20200920081934j:plain

時代の変化に伴って、これから自分が何を信じて生きていけば良いのか。その道標を自分から知りたい。 




そんな悩みを解決します。


本記事の内容

・不安な気持ちを破壊する
・自分が進んでいく未来




本記事の信頼性

この記事を書いている私は、現在ブログ歴10か月ほどです。 人生論を綴るブログ記事を300本ほど書いてきました。




今回は、未来の心配を破壊する考え方をご紹介します。


人は見えないことに対して大きな不安を感じる生き物です。 




一度でも恐怖を感じてしまうと、そこから行動をなかなか起こせない習性があります。


そもそも見えないものに対する恐怖は、自分に対するリスク管理のセンサーが働いていることを意味します。


その不安があるなら、それを解決することで自身の幸せを手にできるチャンスを掴めるようになります。 




それでは、早速ご紹介していきます。



あわせて読みたいnote

目次




見えない不安


将来に対する不安は、実際にカタチとして掴むことができないものです。


そのため、自分がどんなことに不安を感じているのかを把握することで、今後の人生に希望を感じることができます。



不安な気持ちを破壊する


見えない不安に心を支配されるより、自分が信じる道を歩んでいくことを大事にしていこう。


心に潜む不安な気持ちは、そのまま自然に解消することはありません。


まずは自分の意識を変えてみることで、その場で停滞しない人生を送れるようになります。


不安な気持ちを破壊するコツは、下記の3つです。


不安な気持ちを破壊するコツ3つ
①実際に行動する
②解釈を自由に変える
③思考の泥沼にはまらない




1つずつご説明します。


実際に行動する


心配なことに頭を悩ませていても、それで現状の問題がスッキリ解消しません。


その状況を本気で改善するなら、ぼんやり時間を使わずに、心身をリアルに動かしてみることが大事になります。




頭で考えることは、行動するためのひとつの基準となるが、それは実際の感触で掴めません。


自分の感触を確かめるために、現実で行動を一歩でも踏み出す必要があります。 




解釈は自由に変える


心が不安感に襲われるときは、自然にネガティブな思考に支配されるものです。


不安にさいなまれる理由があるので、それを自分で整理することが大事になります。




その際には、一気に不安の種を解明しようとせず、1つずつ丁寧に分析していきましょう。


一気に片付けようとしても、頭の中がごちゃ混ぜになって上手く思考を整理できなくなります。


ひとつずつ不安と向き合うことで、現状の捉え方を自由に解釈できるきっかけになります。 




思考の泥沼にはまらない


自分の思考を整理することで、自分が抱えている悩みを具体的にリストアップできます。


そのために、自分から現状を見つめ直して考える作業が必要になります。 




ここで注意したいのが、考えの無限ループにはまらないことです。


深く考え過ぎると、その不安をかえって増大させる危険性があり、現実から前進するきっかけを見失ってしまいます。


考えることより、行動することを自己変革の中心にしていきましょう。 





自分が進んでいく未来


自身の未来は、誰にも見ることはできません。


実際に見えない分だけ、自分の将来を明確に豊かなイメージを持てなくなるケースがあります。


見えないものに対する見方と意識を変えることで、未来の自分の今を変えることができます。


自分が歩んでいく未来を明確にする方法は、下記の3つです。


未来を明確にする方法3つ
①自分の心に問いかける
②他者の常識がすべてじゃない
③自らを信じる
 




1つずつご説明します。


自分の心に問いかける


今の自分がどんなことを人生で体感したいのか、その自身の心を改めて知ることが大事になります。


自分以外の誰かに依存するより、自分の心を素直に信じることが、これからを生きる自分を支えくれます。 




自らの心がどんなことを真摯に求めているのかを、自分への問いかけを通して発見していくことが大事になります。


自分の不安を解消するのは、自分の行動でしかありません。




他者の常識がすべてじゃない


自分が信じている常識は、自分が何を信じるかを決めるのは、他でもなくあなた自身です。


現代社会で優位とされる考え方は、全人類の正解ではなく、ひとつの考え方に過ぎません。 




そのため、ひとつの思考だけで自分を制限することは、必然的に自身の可能性を狭めることになります。


他者が感じている常識に翻弄されず、自分が信じることに実現させる気概を持つことが必要です。  




自らを信じる


人からの忠告ばかりに自分を左右させるより、自分の意思を明確に持つことが大事になります。


自分のことを自分で信頼することで、これからの人生に希望を抱くことができるようになります。 




人は自分の意思を自由なに表現することに、生きがいと喜びを感じるものです。


自分の心を素直に信じることで、これからの自分が進んでいく未来を迷うことなく進んでいけます。 





まとめ:未来の心配を破壊する考え方を身につけて、自分の未来を切り開いていこう




未来の心配を重ねても、現実がすぐに好転するわけでもありません。


考えるだけなら理想を現実に表現すことは、ますます難しくなります。


未来に怯えることなく、自分で理想とする人生を掴みにいく気概と勇気を持つことが、激動の時代を生きていくうえで大事なことです。 




今回は以上です。


あわせて読みたいnote

//目次に表示非表示ボタンを表示させる