MENU

信用を積み上げる考え方3選

f:id:mubou_rakuzi:20200621190452j:plain

信頼関係の育み方が分からない。

 

そんな悩みを解決します。

 

 

 

目次

世の中に敏感になる

情報を武器に変える

疑う視点を忘れない

 

世の中に敏感になる

人からの信用を得る事は、その人に対して対価を払うことを意味する。

信用すると言う概念は、目には見えないものであり、非常に抽象的な存在である。

その存在を理解する事は、自分がこの世界で豊かに生きていく1つのきっかけとなる。

そのきっかけを自分自身で知ることが、これからの人生を面白くさせてくれる。

人の信頼を実感できるように、日々、自分ができることに磨きをかける。

その経験値があれば、世の中の人に対して温かく接することができる。

見えない部分にこそ、人として見過ごせない本質が隠されている。

その人を思いやる輪が広がれば、この世の中は輝きを放つことになる。

それは人を信頼することで、全てが始まる。

 

情報を武器に変える

自分が知らないことを、自分のものとする姿勢。

その姿勢を続けることが、目の前の相手を幸福にすることに役立つ。

常に相手の視座を予測することで、相手と自分の間に揺るぎない信用を築けるようになる。

人を信じる事は、誰でもすぐにできる。

ただ、信頼が一瞬で構築される事は無い。

長期的な視点を忘れず、いつも相手の立場を考え続ける。

じっくりと醸成されるのが、信頼の価値になる。

人のために生きることは、自分の学びを深めることを意味する。

大局的な意識で学びを深める事は、この世に溢れている情報と向き合い続けることになる。

情報をいかに自分のものにできるかが、相手の為を思う言動に結ばれていく。

 

疑う視点を忘れない

人から信頼されるに値される価値は、自分からいくらでも作り出すことができる。

日常の時間軸に何の疑問も持たず、何となくやり過ごしていれば、人生はそのままで終わる。

今より違う視点を持つことが、相手の幸せを実現できることになる。

自分だけのことを考えず相手に喜ばれる価値にこそ、その人を信頼できる証明なる。

相手の立場を考慮しつつ、自分だからこそできることを大切にしていく。

その心意気を忘れないことが、目の前の人を心から喜ばせる方法に生まれ変わる。

いつもとは違った視点にこそ、相手のことを幸せにする生き方ができる。

 

まとめ

人から信用されるのは、人として誇らしいことである。

小手先の技術に頼っていても、得られるのはその瞬間的な快感だけ。

長期的な豊かさを自分と相手にもたらすには、時代の流れを汲み取ることが必要になる。

本気になって人のことを思い続ければ、その先には今まで見えなかった感覚に気が付ける。

 

 

最後までありがとうございます!

 

//目次に表示非表示ボタンを表示させる